Ayume(アユメ)とは

Ayume

子供たちの未来を生き抜く力を育みたい。そんな思いで設立した株式会社Ayume(アユメ)。

これまで「夢合宿」や「夢マップ」などで、多くの子どもや大人たちの夢を実現してきた代表取締役の高岸 稔さん。

書籍紹介

そんな高岸 稔さんが出版されている書籍を紹介いたします。

こどもの人生が変わる「夢」の見つけ方

わが子の夢を知っていますか? 英語が100点満点中20点だった子が学年トップに!?

不登校だった中学生が、高校生で起業家に!

夢の力で奇跡を起こし続けてきた、魔法のメソッドがここにあります。

 

夢MAPを使えば子どもは必ずやる気になる

家庭でできる「子どものやる気スイッチを入れる」方法がここにあります。

子どものやる気スイッチは「夢」にある!

しかし、家庭で「夢は何なの!?」と問いつめても逆効果だそうです。

そこで、「夢マップ」を使って、好きなことや興味のあることを引き出し、そこへ向けた道筋を一緒に考える方法を紹介しています。

「いい学校に入るため」ではなく、「自分のやりたい夢をかなえるため」に子どもが進んで勉強を始めてくれたら…。これほど嬉しいことはないですよね。

中間・期末試験の点数が倍々で上がる子が続出。入塾希望殺到の人気塾が行う、モチベーションアップ術。

高岸 稔さんとの出会い

2016年、ちょうど我々が想い悩んでいた頃に、高岸 稔さんとchancemake代表 柳沼との出会いがありました。

高岸 稔さんからは、これまで夢を実現してきた子どもや大人の話、また世界の偉人のお話など、たくさんのストーリーやエピソードを教えていただきました。

その様に励ましてくださったこともあり、私たちも"自分が納得する人生に向けて挑戦したい"と前に進むことができたのです。

高岸 稔さんの後押しを受けてchancemakeのサービスが始まったと言っても過言ではありません。

今日の質問

chancemake から発信される今日の質問は、"好奇心に火を点けて、人の夢を見つけるきっかけを提供する専門家"である高岸 稔さんが監修しています。

今日の質問を自分の頭で考えることで、頭が柔らかくなり思考の枠が外れていきます。

この思考の枠が外れていくと何が良いかというと、常識にとらわれない発想やアイディアが、驚くほど出てくるようになるのです。

この体験をすると、これまでの生活の中でいかに頭が凝り固まっていたのかが良く分かると思います。

そして、"こうでなければならない。"という常識はいったん置いて、自由に発想することがこれからの時代を生き抜くために重要だという実感も湧くことでしょう。

ちなみに"今日の質問"は、制作を始めてから3年以上経つそうですが、これまで1日も休まずに、累計1,100本以上制作されており、いまもなお毎日継続中とのこと。素晴らしいですね!

高岸 稔 さんは、chancemakeメソッドでも重要だと考えている、継続力の実践者でもあるのです。

G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)の紹介

そんなAyumeの高岸さんが、「日本の若者が、ただ単に起業するというだけでなく、世の中が変わるようなイノベーションを起こせるようにしていきたい」と旗揚げしたのが、G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)です。

G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)について

G.I.Cは、「既存の常識、慣習、固定概念を超え、世の中がより良くなる、未来を作り出す!」ためのプログラムです。

要は、自分の考え方とか常識が邪魔しているので、この考え方や視点を少しずらしたりすれば、誰もがイノベーターになるチャンスがあるから、それを学ぼうということです。

G.I.Cのプログラムは、遊び×情熱×目的という、3つのカテゴリーに分かれています。

これは「遊びと発見を目的とする学習で、子供を遊びによって情熱を注ぐ対象を見つけ、それを追い求めるようになる。
それがやがてもっと意義深い目的で発展していく。」と言う、トニー・ワグナー博士(ハーバード大学テクノロジー企業センター初代フロー)の言葉が元になっているそうです。

現在は、G.I.Cの講師をしている元インテル副社長の宗像義恵さんと、『ハーバードのエリートはなぜプレッシャーに強いのか』の著者である、John先生ことジョン森若幸次郎さんと力を合わせながら運営されています。

この中でも遊びの部分。遊び心を持って好奇心に火をつけると言うのが高岸 稔さん(遊び)のご担当です。

そして、その夢を一時的なものではなく、情熱をどうやって注いでいくかというのがジョン森若幸次郎さん(情熱)。

そもそも何でそれをやるのか?あなたがそれをやる理由は何か?ということを、徹底的に行うのが宗像義恵さん(目的)です。

※写真右が高岸稔さん。中央が宗像義恵さん。左がジョン森若幸次郎さん。

受講コース

コースは「基本・アドバンス・プレゼンフル」の3コースで、期間は3ヶ月から4ヶ月のプログラムになっています。

※G.I.Cは代表の柳沼も1期生として学んでいたプログラムです。

G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)について

お問い合わせ

  • Ayume(アユメ)についてもっと詳しく知りたい。
  • G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)についてもっと詳しく知りたい。
  • 高岸 稔さんと話がしてみたい。
  • 資料が欲しい。

そのようなご要望につきましては、こちらのフォームからお問い合わせください!

 

G.I.C(グローバル・イノベーター・クリエイト)について

今日の質問

ステージ一覧

TOPページ