Pick up #88 特定非営利活動法人 「育て上げ」ネット 工藤 啓さん

特定非営利活動法人「育て上げ」ネットの代表理事を務めている「工藤 啓」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

1977年東京生まれ、2001年に「育て上げネット」を設立して2004年にNPO法人化しました。

金沢工業大学客員教授や、東洋大学の非常勤講師、著書「NPOで働く- 社会の課題を解決する仕事」や「大卒だって無職になるーはたらくにつまずく若者たち」を出版しています。

ファンドレイズやソーシャルビジネスなど幅広い分野で活躍している方です。

どんな活動をしているか?

すべての若者が社会的所属を獲得して「働く」と「働き続ける」を実現できるように取り組んでいます。

若者向けの就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」や、母親をメインにした「母親の会 結」や、情報を知らないがために社会から排除されてしまった若者を少なくする「教育事業」、子どもが学校や家庭以外で学べる場所を作る「まなびタス」などの幅広い支援活動を通して働ける場所を提供しています。

実際に10年以上自宅から出ることのできなかった若者が動き出すなど、今の社会問題に積極的に活動しています。

活動のきっかけは?

実家が塾を経営していてそこで障害のある女の子を引き受けたことがきっかけになり、社会的困難を抱えた子どもたちが集まるようになったそうです。

家が遠い子どもは通えないのいで寝る・食べるときも一緒で血のつながらない兄弟といることが多かったといいます。

アメリカに留学したときに欧州の若者支援施設を見学し帰国後に育て上げネットを立ち上げたと話しています。

今後のビジョン・メッセージ

若者から子ども、より低年齢から支援を行い多様な人たちに寄り添う人材育成が課題です。

chancemakeから一言

働けない人に対してどうサポートしていくのか、工藤さんのように寄り添い成長させてあげる環境をどう作れるのかが、いかに大切なことなのかを考えさせられます。

こういったNPO法人があることを知ることで、仕事に対しての考え方が変わる機会になれば嬉しいですね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。