Pick up #83 お笑い芸人・作家 又吉 直樹さん

お笑いタレントとして活躍しながら作家としても芥川賞を受賞した「又吉 直樹」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

大阪府寝屋川市出身、比較的貧しい家庭で育ちます。

小学校からサッカーをはじめ高校時代には関西の強豪でる北陽高校のサッカー部に所属していました。ポジションは、ウィングバック。

大阪府代表としてインターハイにでるなどサッカーの実力は認められていたものでした。

お笑いの道に進んだのは高校のサッカー部の監督が吉本興業に顔の利く人物で、大学推薦を断っているのが知られないようにしていました。2003年に綾部祐二と知り合い、ピースを結成しています。

どんな活動をしているか?

2015年には自身が書いた「火花」で芥川賞を受賞しました。

その頃から先生と呼ばれ、お笑い芸人としては史上初の快挙になりました。

その後2016年4月の日本テレビ系「ニュースゼロ」の月1回キャスターに就任しています。

もともと趣味が散歩と読書・音楽活動で通算3000冊以上の本を持っています。

活字が踊り出す夢を見るほどの読書家です。

太宰治とは幼い頃から縁を感じていて、好きな作家としても名前を上げています。

活動のきっかけは?

かつて神保町花月の劇場に出演していて、プロの作家や演出家が芝居を作り芸人が演じるコンセプトでした。

2007年12月に周囲の勧めもあり自分で脚本をかき2019年2月に映画化されています。

それまではずっと携帯電話のメール機能を使って書いていましたが、芝居をかくためにパソコンを購入したそうです。

chancemakeから一言

高校時代はサッカーで活躍するもその後お笑いの道に進み、作家としてデビューするなど才能に溢れる又吉さん。

人生の転機は何がきっかけになるかなんて誰にもわかりません。

人生はチャンスで溢れていると考えさせられますね!

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。