Pick up #81 タレント 萩本 欽一さん

芸能界でも「欽ちゃん」の相性で知られる「萩本欽一」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

1941年生まれ、2019年には78歳にもなる萩本欽一さんは現在駒沢大学に通っている現役の大学生です。

授業を受け学食で昼食をとるなど、普通の大学生と同じような生活をしています。

もともとは認知症対策のために大学合格を目指して勉強を始めたそうで、笑いにも関係しています。

そんななかで萩本欽一さん自身が「目の不自由な人の手を握っただけで、にっこり笑ったり、微笑んだり、そんな質の笑いを探していきたい。」とコメントもしています。※2019年に5月末で自主退学を選択されたそうです。

公式サイト:http://www.hagimoto-kikaku.co.jp/

 活動をしているか?

タレントとしても活動していますが、「みえの国観光大使」もつとめています。

テレビやCM、ラジオ、アニメ、映画、ゲーム、インターネット配信だけでなく、レコード野球チームや著書も執筆しています。

今後のビジョン・メッセージ

取得単位不足のため2019年には卒業せず留年することがわかりました。

「大学が楽しいもんで、もっといたくなっちゃって単位を取らなかった」と積極的な留年であると話しています。(※スポニチ参照)

1年次からすべての講義に出席し、成績もほとんどがSマークなど、徹底した勉強の姿勢を貫いています。

そこで「卒業しないことが、こんなに幸せなことだという歴史を残したかった」と話しています。

chancemakeから一言

大学に入るのに年齢なんて関係ないと教えてくれる萩本欽一さん。

78歳であっても学びたい意欲があれば勉強し自身を成長させることもできます。

しかもほとんどがSマークなんて現役の大学生でも難しいことですよね。

プロ意識の高い人だからこそ誰もが憧れる存在でもあり、前向きであることの大切さを教えてくれます。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。