Pick up #80 すべての人がキーパーソン 朝山あつこさん

小中高生を対象とした交流の場を提供しているのが「すべての人がキーパーソン」です。

代表をつとめている「朝山あつこ」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

大学を卒業し決まっていた就職よりも結婚をとります。

3人の子どもにも恵まれたものの、長男の一言で起業することを決めます。

持ち前の明るさとバイタリティもあって全国を飛び回るアクティブな女性です。

2005年にはウーマン・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。

どんな活動をしているか?

子どもたちが将来のことや仕事について考える機会「夢発見プログラム」と「講演コーディネート」があります。

わくわくするような仕事につくための情報集めプログラムの「なるには探偵団」、コミュニケーションの達人になるプログラム「コミュニケーションゲーム」、インタビューを通して知らない大人とコミュニケーションを取る「かっこいい大人ニュース」などもあります。

活動のきっかけは?

代表理事長をつとめている朝山さんですが、活動するきっかけになったのは、長男が体験した学級崩壊の深刻化にあるとしています。

その頃、キレる子どもや無気力になる子どもが取り沙汰されていて「地域の大人が子どもと関わりながら、子どもに自分らしさを活かせる仕事や役割を考える機会を提供したい」と2000年にキャリア教育のプログラムを開発しました。

その後、活動の幅を広げるために川崎市や都内の学校にビジョンを伝え、協力を得ることに成功したそうです。

chancemakeから一言

小中高校生と成長段階のときに、どんな仕事をしたいのか考えるきっかけになると思います。

将来に希望をもって夢をどうやって叶えるのか考える時間はワクワクし、楽しい人生になりますね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。