Pick up #79 サッカー選手 長谷部誠さん

サッカー選手として活動する「長谷部 誠」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

2001年の高校卒業と同時に、Jリーグのサッカーチームである「浦和レッズ」に入団しました。

2006年には日本代表として初選出。日本代表のキャプテンとして、ワールドカップでもチームをまとめていました。

2014年にはドイツのアイントラハント・フランクフルトに移籍し、現在も選手として活躍しています。

公式サイト:https://www.hasebe-makoto.com/

どんな活動をしているか?

2007年にユニセフマンスリーサポーターとして登録し、2016年に日本ユニセフ協会大使に就任しました。

公共CMに出演したり、寄付や募金を呼びかけるなどの活動をしています。

他にも東日本大震災では被災地の子ども支援や、エチオピアの予防接種事業、ギリシャの難民キャンプにも訪問するなど現地にも実際に足を運んでいます。

任命式での会場に設定された東京都世田谷区のフットサルコートでは、ユニセフ募金活動に協力してくれた子どもたちが招待され、プレゼントが送られました。

活動のきっかけは?

2007年に飛行機の機内で手にとったユニセフの封筒をきっかけにユニセフ募金を始めました。

今後のビジョン・メッセージ

「サッカー界から、すでに多くの方々がユニセフ親善大使として、世界の子どもたちのために活躍されています。僕も、今からその一員として、微力ながら、アフリカなど特に厳しい状況に置かれている子どもたちのために、皆さまとともに力を尽くしていきたいと思います」(※ユニセフの公式サイトより)

chancemakeから一言

サッカー選手としてだけではなく、その知名度や人気を活かしてユニセフの活動にも積極的に參加しています。

ボランティアを始めるきっかけなんてみんな違うもの。

まずは興味のあることから自分にできることを探し行動することが大切だといえるのではないでしょうか。

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。