Pick up #72 非営利組織ap bank設立 桜井 和寿さん

Mr.Childrenのボーカルとしてはもちろん、ap bank設立者の「桜井 和寿」さんを紹介します。

歌手としての一面しか知らない人もいると思いますが意外な活動も従事しています。

どんな人や組織なのか?

1970年東京都出身、関東高校出身です。

1989年からバンド名をMr.Childrenに変更しています。

2002年に小脳梗塞を経験し、その年の12月21日に音楽活動を再会するまで一時休業状態でした。

ap bankの活動の一環として「Bank Band」でのバンド活動や、「JAPAN UNITED with MUSIC」として「いわての学び希望基金」や「東日本大震災みやぎこども育英基金」などの震災で被災した子どもたちの基金として寄付しています。

公式サイト:http://www.apbank.jp/

どんな活動をしているか?

ap bankは、音楽プロデューサーの小林武史さんと、桜井和寿さん、坂本龍一さんの3人が拠出した資金によって2003年に設立されたものです。

市民やNPO団体、法人などの自然エネルギーの取り組み環境保全などのさまざまなプロジェクトに融資という形で支援している団体です。

自然災害時の復興支援として行われるap bank基金もありますし、野外音楽イベントなども開催しています。

2009年には「明日ラボ」として千葉県の木更津市で農業生産を行うプロジェクトにも関わっています。

活動のきっかけは?

桜井和寿自身は音楽は「宗教みたいなもの」と話しています。

浜田省吾さんた会バンド、BUMP OF CHICKEN、サザンオールスターズなどに影響を受けます。

高校在学中に軽音楽部内にバンドを作り「Beatnik」を結成し、Mr.Childrenの前身となりました。

chancemakeから一言

社会に貢献したいと思っていても何から始めたらいいのかわからないと行動できないものです。

自分の好きなことを通して誰かの為になれたら幸せですね。

桜井さんは言葉の選び方にもまさに人柄も出ていて、人気があるのも納得です。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。