Pick up #68 放送大学長 來生 新さん

放送とオンラインの遠隔手段で教養教育を行う放送大学の学長「來生 新」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

放送大学長であり、専門分野は法律学です。

横浜国際大学の名誉教授でもあり、法学修士を取得しています。

2017年3月までは副学長として多くの改革を行い推進し学長という立場になりました。

1983年の創業当時から法律系のカリキュラム作りのお手伝いをしていた経験があり、34年越しに学長に就任しています。

どんな活動をしているか?

放送大学は15歳以上であれば、入試を一切行わずすべての人達に教育の機会を与える生涯学習機関です。

なかには定年退職をした後に90歳を超えて放送大学に通う人もいます。

文部科学省が認可した正規の4年制大学でもあり、大学は教養学部です。

オンラインだけの大学ではなく放送や面接授業も取り入れるなどバランスを重視しています。

地域の格差や学力の格差をなくすための取り組みに力を入れています。

今後のビジョン・メッセージ

放送大学生であることをエンジョイして欲しい、それぞれの人生の充実に役立ててくださいと話しています。

2015年より比較的わかめの教職員が中心となり「放送大学改革プラン」を作成し、改革を進めているそうです。

ワンジェネレーションとして創立30周年を迎えた放送大学は次のステップに進んでいき、新しいことに積極的にチャレンジしていきたいとしています。

chancemakeから一言

15歳であれば誰でも大学に行けるのが放送大学です。

中卒であっても学びたい意欲があればそのチャンスが得られると考えると嬉しいですね。

生涯勉強であること、社会に出てから足りないことを学べるチャンスがあることになります。

放送大学ならではの学習カリキュラムであなたも学んでみませんか。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。