高齢社会

スポンサードリンク

高齢社会は日本でも大きな問題になっています。

高齢社会とは65歳以上の人口の割合が14%以上を占めている社会のことをいいます。

高齢化の具合を表す言葉として似ているものに「高齢化社会」と「超高齢化社会」がありますが、全人口に対して7%を超えると「高齢化社会」になり、14%が「高齢社会」21%以上が「超高齢化社会」といいます。

どれも似たような場所で使われることが多いので、その違いを勘違いしやすいのですが、まったく違う意味あいを表していますので、間違えて使うことのないようにしましょう。

基本的に先進国であればあるほど、高齢者の割合は高くなります。

発達途上国の場合は医療もそこまで発展していないので、長生きをするのが難しいため高齢社会になりにくいのです。

その先進国の中でも日本は特に高い%を維持していることもあり、社会問題になっています。

高齢社会は最近の言葉に感じるかもしれませんが、実は日本では1995年に高齢社会に突入し、2010年には超高齢化社会になりました。

今後もその割合が高くなると予想されており、2060年には40%以上の割合で高齢者になるといわれているのです。

日本ではこういった高齢社会に急激に変化してしまったため、保険制度が間に合わない事態が起きています。

高齢社会になるということはそれだけ医療費もかさむようになりますし、それを担う若者との割合がおかしくなってしまうと、社会構造上に大きな弊害が出てしまうのです。

日本は核家族や未婚化も進んでいますので、生涯結婚しない人も増え高齢者のお世話ができなくなってしまうといった問題も起きています。

昔は結婚してお嫁さんがお世話をする時代でしたが、今は仕事をしながら一人で親の世話をしなくてはいけない人も増え、在宅で介護をするのが難しい時代になってしまっているのです。

でも老人ホームも定員を超えてしまい、入居できずに途方に暮れてしまう場合もあります。

高齢社会は今の日本の現状を形にしたものです。

仕事もあり毎日の生活にいっぱいいっぱいになってしまうと、高齢社会を支えることが難しくなります。

若者と高齢者の社会的なバランスを考えなくてはいけないといえるのではないでしょうか。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。