Pick up #65株式会社ネクシィーズグループ 創業社長の近藤 太香巳さん

わずか50万円で起業し株式会社ネクシィーズの「近藤 太香巳」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

大阪府生まれ、19歳のときに起業したプロモーションマーケティングの会社から多方面に活躍しています。

高校を二度中退するも元手50万円で創業し2004年には東証一部上場を果たしています。

フリーター生活の間に18歳でプッシュホン販売会社にて根性でトップセールスの座を掴みます。

「常に社員にとってのヒーローであり続けたい」と話し、現在は社員数700名、グループ会社8社など一躍大企業に成長しました。

公式サイト:http://www.kondotakami.com/profile/

どんな活動をしているか?

ライフアメニティ事業や文化教育事業、ソリューションサービス事業などの運営を行っています。

大学や企業支援機構からの講演依頼も後を絶ちません。

また数々の著書も出版するなど経営者としても絶大な人気のある人物です。

活動のきっかけは?

フリーター時代に親のすすめで劇団に入り、友人や彼女もできたものの辞めてしまい、18歳で車の免許を取るとすぐにトラックの運転手の仕事に挑戦します。

当時付き合っていたバスガイドの彼女に遭遇したときに「俺は何をやっていたんだ」とわれに帰り、「誰にでもできる簡単な仕事。NTT関連、人生を変える価値ある仕事、平均月収40万円以上」に引かれすぐに面接に行ったそうです。

今後のビジョン・メッセージ

Nexyz.BBの拡大や、グループ戦略、持株会社への以降など精力的に取り組んでいくとしています。

社員にもどんどんヒーローになってほしいという思いもあります。

chancemakeから一言

人生はなにかのきっかけが転機になり一気に変わることだって考えられます。

それが広告の一文だったなんてことも珍しくないことです。

まずは視野を広げてみること、そのうえで行動することが大切だと教えてくれますね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。