Pick up #62 NPO高卒支援会 杉浦 孝宣さん

不登校や引きこもり・高校中退などで悩んでいる若者支援を行うNPO高卒支援会代表理事「杉浦 孝宣」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

日本の教育家としても知られ、自身はカリフォルニア州立大学の出身です。

1985年に中卒浪人人生の為の学習塾である「学力会」を創設し、2010年にNPO法人高卒支援会を創立しました。

児童養護施設星美ホームにて高校進学指導をしたり、新宿子ども未来基金などの採択もしています。

自身の著書も発売しており『高校中退~不登校でも引きこもりでもやり直せる!』は是非読んで欲しい良書です。

2018年に胸腺腫にて現在治療中です。

公式サイト:https://kousotsu.jp/about_us/greeting/

https://8card.net/p/4958412018

どんな活動をしているか?

進路選択の幅を広げることを目標としています。

将来のひきこもりを防ぐ為にも高校への進学や卒業は重要だと話しています。

地方には特に選択肢がなく公立高校の天候制度は東京屋大阪しかありません。

これらの制度を地方であっても平等に全国化することを目指すための取り組みを行っています。

活動のきっかけは?

小学3年生のときに保健室登校をしていた過去があり、竹岡健康学園に半年お世話になった経験があるそうです。

全寮制の学校で規則正しい生活習慣で身体を鍛え不登校を克服することが出来たそうです

今後のビジョン・メッセージ

2018年の癌で一度死を覚悟したと話す杉浦さんは、20歳までに引きこもりを克服して職につくことが8050問題の事件を未然に防げるのではとしています。

貧困世帯がサポート校やフリースクールに通うときに助成してもらえるように協力して欲しいと話しています。

chancemakeから一言

子どもの頃に問題を解決できる環境かどうかがその後の人生に大きな影響を与えるとも考えられています。

杉浦さんのように思っていても行動に移すのは難しいもの。

子どもの選択肢は都心部でも地方であっても変わらず選択肢が多いといいですね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。