Pick up #41 エムグランドフードサービス 井戸 実さん

ステーキけんを運営しているエムグランドフードサービスの創業者といえば「井戸 実」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

ロードサイドのハイエナという異名を持つ人物で、居抜き物件を再生しながら出店する独自の経営手法を行うカリスマ的な存在です。

28歳の若さで株式会社エムグランドフードサービスを創業して全国展開を行う大企業にまで成長しました。

「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」や「いわたき」などを運営している会社です。

発言の豪快さもあり歯に衣着せぬことから度々炎上していることも話題になっています。

活動のきっかけは?

子どもの頃から寿司の職人として働きたいと高校を卒業後、就職先としてできるだけ早くカウンターに立てるお店を探していました。

当時のアルバイトの店長が紹介してくれたのが「築地すし好」になり、寿司職人っとしてキャリアをスタートさせました。

しかし、このままじゃ自分の店を持てないと考え、このまま雇われている側ではいけないと思いレインズインターナショナルに転職します。

売りに出されている店舗があると聞き親族に頭を下げ、買取費用が1200万円になるお店を手に入れるもののなかなかうまく行かず、いわたにの経営権をスタッフ付きで買わないかと案件が回ってきたことが転機になりました。

今後のビジョン・メッセージ

現在は業務委託を進めており直営店を減らす方向で考えています。

エムグランドフードサービスはノウハウの提供料をもらうシステムを採用しています。

こまめなコスト削減にも取り組んでいます。

chancemakeから一言

独自の経営戦略によって驚くほどの人気外食店としても知名度をあげた井戸実さん。

常に最善の選択を選びながらネバーギブアップの精神で進んでいく姿からは学べることがたくさんありますね。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。