Pick up #34 株トレーダー ウルフ村田さん

投資家として年収2億円を稼ぐ凄腕の女性といえば「ウルフ村田」さんでしょう。異色の経歴を紹介していきます。

どんな人や組織なのか?

東大経済学部をトップで卒業し銀行に入社したものの、キャバクラ嬢に転職しナンバーワンになった経験を持ち現在は株トレーダーとして活躍しています。

短期集中型が得意であり、長期記憶は苦手など自分のことを誰よりも熟知しています。

サラリーマンになったものの実務になるとまったくできない人間だったこともあり、30歳に銀行を退職しています。

マシンガントークやシモネタOKの人柄も人気がでた理由でしょう。

どんな活動をしているか?

現在も株式トレーダーの取引をしています。時には寝転がりながら行うときもあるみたいです。

強い信念を持っている女性でもあり、株で稼いだ利益の半分以上はベンチャー企業への投資に使っています。

また株式会社サクセスワイズという社会貢献活動を中心に行う会社の経営者の活動も行っています。

農業支援や人材育成・経営コンサルティングなどを行う会社です。

活動のきっかけは?

投資家の道を選んだのは消去法によるものだと話しています。

事務も苦手で文章も下手などできないことを消していったら残るものがほとんどなく、瞬発力や頭の回転の速さを生かせる仕事で株式トレーダーの道を選びました。

今後のビジョン・メッセージ

“凡人が頑張るには一点集中するしかない”と話しています。

ウルフ村田さんの生き方を見ていれば、決して凡人とは思いませんが結果を残していることからも納得です。

chancemakeから一言

成功したければまずは自分を知ること、そのために分析し自分を客観的に判断できるようになると、成功の道標が見えてくるのかもしれません。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。