Pick up #29 シブヤ大学 左京 泰明さん

シブヤの街をキャンパスにして年齢や学歴などを問わず、無料で授業を受けられるシブヤ大学の学長「左京泰明」さんを紹介します。

どんな人や組織なのか?

自分のキャリアに悩み、学生時代は人や社会の為に何かしたいと思ったものの、留学するほどの経済的な余裕もなく、ビジネススキルを学べる海外の商社に入社します。

2年目になったときに「本当にこのままでいいのかな?」と思い、大学時代の友人と勉強会を開きます。

それがきっかけになりNPO法人を立ち上げます。

当時は全く理解されていないNPOであったこと、ボランティアだと考える人も多く、話を聞いてもらえないこともあったそうです。

https://ja-jp.facebook.com/yasuaki.sakyo

どんな活動をしているか?

2006年にシブヤ大学を設立し、渋谷がまるごとキャンパスになるコンセプトを持った市民大学を作りました。

校舎はなくカフェや商業施設などさまざまな場所を間借りしながら、講師が無料で自分の知識や技術を教えることができます。

若い人たちが自分を見つめ直すことを目標とし、実際に受講している人の多くも20代~30代の人が約7割を占めています。

今後のビジョン・メッセージ

今後の夢や展望は考えてもあまり意味がないと考えているそうです。

シブヤ大学が大きくなっていることも想像できませんでしたと話しています。

“夢を描くよりも世の中の変化や流れを見定めるのが大事だということ。その流れを意識しながら、今やるべきことをやっていこうと思っています。”とも語っています。

chancemakeから一言

常に時代は変化していますし、将来のことはなかなか分からないものだと思います。

そんな中で、誰かのきっかけになることを目標に行動できる人ってすごいですし、それが無料で提供できて誰でも受講できるのはまさに理想的ですね。

chancemakeとも重なる面が大きいのでこれからも注目していきます。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。