Pick up #20 バレリーナ 中村 祥子さん

日本人でありながら世界で活躍するプロのバレリーナ「中村祥子」さんについて紹介します。

どんな人や組織なのか?

佐賀県出身、3人姉妹の長女で生まれ、父親のすすめもあり6歳からバレエを始めました。

もともとの性格は内気で人前に立つような人物ではなかったのですが、バレエのコンクールに出場してから性格が変わったといいます。

3歳年下の妹、陽子さんもバレエダンサーとして活躍していました。

ドイツに住んでいた期間が長くドイツ語も堪能です。

紹介HP:http://www.k-ballet.co.jp/members/nakamura_shoko.html

どんな活動をしているか?

ウィーン国立歌劇場バレエ団からベルリンの国立バレエ団に移籍し、このときオーディションを受けずに電話だけで移籍したと言われています。

2013年にはハンガリー国立バレエ団にプリンシパルとして移籍し日本でも熊川哲也主催のK-BALLET COMPANYでゲストプリンシパルとしても活躍し、日本にも来日しています。

日本のメディアにも出演しTVで見かけることも増えました。

YouTubeでもバレエ動画を視聴できます。ご主人とのパ・ド・ドゥなどの動画も必見です。

今後のビジョン・メッセージ

現在はハンガリーの国立バレエ団に在籍しています。

インスタグラムなども更新しており、ご主人(もとプリンシパル)や息子さんの写真なども閲覧できます。

現在ご主人さんはバレエ講師として活躍しているようです。今後もバレエの世界で活躍してくれる事間違いなしです。

chancemakeから一言

中村祥子さんは幼い頃の両親の一声がきっかけになり、それが生涯の仕事になるとはお度時ですね。

ケガの多い世界なので努力されているのはもちろんですが、いつまでも美しい体のラインやスタイルを維持していることも女性として魅力的ですね。

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。