読書は丸々1冊読まなくて良い!

スポンサードリンク

あなたは読書が好きですか?

本を読むということは“先人の知恵”の恩恵にあやかることでもあります。

本は知識の塊ですので、成功をおさめている人ほど本を読む習慣があり、そこで得た知識を自分のものにすることに長けています。

もちろん今はインターネットの時代ですので、本なんて読まなくても大抵の知識は簡単に調べることができるかもしれません。

ですが本にはそれ以上にあなたを成長させてくれる鍵が隠れている場合があるのです。

読書は成功の秘訣!?

読書の重要性は理解できていても本を読むのが途中で挫折してしまうことや、3日坊主で続かないなんて人もいるのではないでしょうか。

本を読む習慣については学校などで教えられてきたにも関わらず、続かないという人は珍しくないのです。

読書に関しては、一流の人ほど本を読むとも言われており、成功する人とそうでない人の違いはそこにあるのでは!?とも言われています。

「本を読みたいけど忙しくてなかなか時間が作れないよ」などと言葉にする人もいるのですが、本当に仕事ができる人は忙しい合間をぬって本を読んでいることがわかります。

逆に仕事ができない人は時間があったとしても本を読む習慣がないので何も得られず、成長できなくなってしまうのです。

成長する習慣

例えば読書する人としない人でどんな違いがあるのかを考えた時に、本を読む人は常に新しい知識を吸収しているので会話の内容が豊富で、一緒にいる人を楽しくしたりモチベーションを上げることができます。

それに対して本を読まない人は、ほぼ変化がなく知識量も少ないのですぐに飽きられてしまい、その人の人間性が薄く感じられてしまうのです。

本を読むということは自分の知らない世界に興味を持ち、常に学び続け成長する習慣でもあります。

読書を通して新しい自分を知ること、変化することを楽しめる人でもあるのです。

まとめ

読書する時に「本を読まなきゃ」と力を入れて意気込んでしまう人がいるのですが、読書を続けるコツは全文読まなくても良いと考えることです。

その本から受取るメッセージは、ほんの1文でも良いし、1つのキーワードだけでも良いのです。

その少しの変化の積み重ねが大きな成長に繋がっていきます。

あなたの生活にも楽しく読書をする習慣をつくってみませんか。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。