誰かに頼って時間をつくろう

スポンサードリンク

あなたは自分が知らないこと、できないこと、苦手なことに直面した時どうしていますか?

自分で解決できるように必死に努力することも大切ですが、あえて専門家に依頼することで結果的に仕事の効率を上げて生産性を高めることに繋がる場合があります。

専門家に頼る

専門家に頼ることの良さは、

  • 時間をつくれること
  • リスクを下げること
  • 巻き込んで広がること

の3つです。

例えばあなたが個人事業主だったとします。

毎年2月~3月に確定申告があり、簿記の知識がない人にとってはとにかく時間のかかる作業ですし、面倒だと感じることもあるでしょう。

日々の業務で忙しい中、なんとか時間を作って作業をするのも一つの方法ですが、その間あなたにしかできない作業があったらその作業は止まってしまい、そのせいで損益が発生してしまうとしたら意味がありませんよね。

また、その道を歩んできた方からのアドバイスはガイドさんのようなものです。

  • 仕事のこと
  • 業界のこと
  • 学び方や考え方

などについて悩んでいる時や、これから知らない道を歩く前に必要な準備をする時間も省けますし、想定外のリスクも下げてくれることでしょう。

さらに、誰かに相談をすると「私は分からないけど、あの人がこんなことを知ってそうだよ。」と教えてもらえたりします。

そうなると、また新たな人や情報と出会えることになり、どんどん世界が広がっていきます。

なんでも自分で抱えずにその道の専門家や誰かに頼ってしまってはどうでしょうか?

なんでも自分でやらない

専門的な知識がないばかりに余計な手間がかかってしまったり、思いもよらぬ損をしてしまうこともあります。

その作業を請け負うばかりにストレスを感じてしまうのは決していいことではありませんよね。

一方で、専門家に依頼するとどうしても引っかかってくるのは、「費用がかかる。もしくは高い。」ということではないでしょうか?

もしもあなたがその作業をすれば費用はほとんど掛からずにできますが、慣れていない作業が多いばかりに効率が悪くなってしまい相対費用で見ると結果的に損をしてしまうことになるのです。

つまり、何でも自分でやろうとしてしまうことが効率が上がらない原因になります。

もちろん作業をお願いしたら相応に費用は発生するかもしれませんが、そこであなたの時間に余裕ができて業務に取り組むことができるはずです。

今の時代、少量の作業でも「ランサーズ、クラウドワークス、ココナラ」などのクラウドソーシングやスキルシェアサービスなどを活用すれば、少額からでも依頼できるので、このようなサービスを調べて活用していきましょう。

まとめ

専門家というのはその道のプロであり専門的な知識を持ったプロフェッショナルでもあります。

ただ勉学を学んでいるのではなく、しっかりとポイントを押さえた知識を正しく身に付けていることになりますので、専門家に依頼することは実はメリットが多いのです。

もっとこうした方がいいなどのアドバイスをもらえることもありますし、あなたにとって得られることも多いはずです。

一時的な費用は確かにかかりますが、それは決して損になるものではなく、必要なものだと言えるのではないでしょうか。

専門家を使うことはあなたの効率を高める重要なことでもあるでしょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。