ブランディングについて考えてみよう

スポンサードリンク

マーケティング戦略の一つである“ブランディング”を知っていますか?

「ある商品やサービスのコンセプトを、ユーザーにとって価値があるものだと認識させることで、他の商品やサービスにはない価値を作り出す」ことをいいます。

価値が生み出されると他社と比較した時の差別化になるので、他社には負けない顧客から選ばれる価値を作ることにも繋がるのです。

ブランディングは決して高額な商品だけに限らず、もので溢れている現代においてブランディングの価値を付けることは今後の時代を生き抜くためにもとても重要なことになるのです。

ブランディングがもたらす効果

ブランディングにはさまざまなものがあります。

例えば、商品名や会社名などの「名前」や「ロゴ」「ポジショニング」などは、ブランドの共通のイメージを付けるためのブランディングの手法です。

企業にとってブランディング=ブランドをつけることには様々なメリットがあります。

例えば競合との差別化もその一つです。

誰でも知っているスターバックスコーヒーと聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?

おしゃれ・美味しい・コーヒーの種類が豊富などのイメージを持ちますね。

会社名を聞いてどんな商品を販売しているのかをイメージさせることに繋がるのです。

また顧客がロイヤリティのイメージを持つことによって他社に流れるのを防ぐことができるので、長期的に安定した売上を作ることにも繋がります。

ブランディングが成功すれば広告費などに頼ることなく、誰でも知っているからこそ商品に上乗せした金額でも価値を感じてくれるお客様がいるのです。

利益が上がるということは、会社としても成長することを意味しています。

ブランディングしないと損

では逆にブランディングを怠った場合はどうなるのでしょうか。

ブランディングをしない場合には、他社との差別化や優位性がない状態なので、ひたすら値下げをしたり、なんとかお願いするなど、とても苦しい状態が続きます。

それでは一時的に集客はできても長くは続きませんし、そうなると会社としても赤字になってしまい、会社の存続すら怪しくなってしまいます。

まとめ

ブランディングは今の時代に必須ともいえるマーケティング手法になります。

これを機にあなたにとってのブランディングに向き合い、「何でもできます。何でもやります。」だけではなく、どうすれば「●●と言ったら、■■だよね。」と言われるになるかを考えてみましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。