Pick up #1 ドローンビジネス 小松周平さん

今回はドローンビジネスで成功した人物として注目されている「小松周平」氏を紹介します。

どんな人や組織なのか?

東京大学大学院先端エネルギー工学専攻終了後、外資系の投資銀行や、ヘッジファンドにてトレーディングを行いました。

2017年に株式会社A.L.I.Technologiesの代表取締役に就任、起業から1~2年の短期間で利益を生み出すことに成功します。

どんな活動をしているか?

例えばドローンやAI、ホバーバイク、ブロックチェーンなどの最先端技術をビジネスとして行い利益を上げ続けているすごい人です。

活動のきっかけは?

日本は恵まれた国で、努力した人にはチャンスを与えてくれます。こんな平等な国は先進国では日本くらいしかありません。

自分が恵まれた環境にいるからこそ、そうではない人たちの役に立ちたい。

それで、将来は財団をつくって社会貢献をしたいと思うようになりましたこの経験を通して社会貢献には資金が必要なこよを知ります。

その後尊敬する起業家に「なんで起業しないんだ」と言われたのもあり、起業の道を選ぶ

今後のビジョン・メッセージ

ホバーバイクの紛争地域の地雷撤去や海外の貧困地域に学校を作るなど、子どもの頃から描いていた社会貢献を形にしたい。

chancemakeから一言

小松氏は、つまらない仕事にこそ飛び込みやり続けることで疑問が生まれ、今目の前のことをやり続けると、本当にこれでいいのかだめなのかがわかると語っています。

本質的な答えが見つかり、ストーリー化することが大切とも。

つまらない仕事だから続けていても意味がないと思ってしまう人もいるのですが、まずはその仕事を続けてみて何か得られる結果になったら良いと思いませんか。

経験はあなたを成長させてくれる鍵になるはずです。

0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。