モチベーションってなんだろう?

スポンサードリンク

あなたはやらなくてはいけないことがたくさんあるのに「モチベーションが上がらなくて何もできない」なんて経験はありませんか?

常に一定に保ち続けることができればいいのですが、なかにはそんな人ばかりではありません。

モチベーションの低下をそのままにしているとその人から周りに影響することもありますし、会社としての成長を止めてしまうこともあります。

いかにモチベーションアップが大切なことかがわかりますよね。

行動を起こす時の要因

会社的な視点から見るとモチベーションを保ち続けている会社では、会社を辞めてしまう離職率の低下や仕事の質や生産性をあげること、組織としても士気が高まるなど嬉しいメリットがたくさんあります。

同じ企業にいてもなかにはモチベーションが高い人もいれば、低い人もいるのですから不思議ですよね。

そもそもモチベーションとは「動機づけ」や「目的意識」のことをいいます。

人間が行動する気持ちを起こさせるための要因となるものです。

仕事の面で考えると、モチベーションの高い人は自発的に行動して業務の改善に取り組んだり、会社に対して貢献できることを必死にがんばれます。

会社に対しての忠誠心が高いので、会社のために働くこと、行動することを苦に思わないのです。

自分で自然と努力することができるので、仕事の成果にも繋がります。

仕事ができない人でもモチベーションが高いと周りに与える影響も大きくなりますよね。

会社としての課題でもある

モチベーションアップは会社としての課題でもあるはずです。

そのためにできることといえばとても簡単なことで、「オンオフのメリハリをつける」ことではないでしょうか。

誰だって集中力をずっと保ち続けていくことはとてもじゃないけどできません。

仕事に集中する時間もあれば趣味や好きなことに没頭している時間も必要なのです。

上手にオフができる人は心身ともにリラックスした状態を作れることもあり、モチベーションをアップさせた状態での仕事に取り組むことができるのです。

まとめ

自分がどうしたらモチベーションアップできるのかを知っておくことはとても大切です。

例えば、自分の目標を達成したらご褒美をあげるのもモチベーションアップに効果的です。

あなたのモチベーションアップはどんなものがありますか?

1+

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。