休憩・リラックス

スポンサードリンク

私たちの生活では日々ストレスが発生していると言えるでしょう。

上手に付き合っている人もいれば、なかにはストレスをもろに感じてしまい、心も身体も疲れきってしまう人も珍しくありません。

それだけストレス社会といわれる現代は過度に負担がかかってしまい、自分を休息させリラックスする時間を作り出せない人が増えています。

一生懸命がんばることも大切ですが、実は仕事の効率を上げる為にも休息・リラックスはとても重要なことなのです。

気力や体力を養う

そもそも休息の意味を知っていますか?

似たような言葉で休憩や休養などがありますが、一般的には「仕事などを休んで、気力や体力を養うこと」をいいます。

そのなかでも休息は短時間の休みに対して使われるものです。

例えば、労働基準法で定められている8時間以上の労働には1時間の休みを入れなくてはいけないのですが、これは休憩です。

休息はこれ以外に、午後の3時から15分程度休息など労働基準法で決められていない時間で、短い時間ながら休むことを言います。

リラックスすることが大事

休息を入れることでフル回転させていた脳を一時的に休ませて何も考えない時間を作ります。

日々の生活のなかでストレスが蓄積され心や身体が疲れてしまっている時に、ぼーっと何も考えない時間を作ることはとても重要なことです。

一日中PCと向かい合っているような仕事の人はその場から離れて美味しい紅茶やコーヒーを飲んで一息入れる時間を作りましょう。

休息をした後は頭がすっきりとしてその後の仕事の効率も格段に上がるはずです。

休息を入れずにただダラダラと作業をしているだけの人と大きな違いが出てきます。

忙しくて休息する時間なんてなかなか取れないよ!なんて人もいるかもしれませんが肩の力を抜いて深呼吸をするだけでもいいのです。

休息やリラックスは人によって感じ方も違いますし、その人がリラックスできていると感じられるものであればなんでもいいのです。

まとめ

仕事だけでなくとも家で毎日お風呂に入ってリラックスできる時間を作るとか、お酒を飲みながら何も考えなくていい時間を楽しむなど、自分なりに力を抜ける場所を探してみてくださいね。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。