自己紹介

スポンサードリンク

誰でも一度は“自己紹介”をしたことがあるのではないでしょうか。

学校で新しいクラスに変わった時、就職して新入社員の挨拶、はじめて会った人に対して挨拶する時など、とにかく新しい場所や環境になる時に自己紹介は必ず行うものです。

でも自己紹介の意味について考えたことはありますか?

自己紹介から人間性を見る

自己紹介にはさまざまな意味があり、そのひとつに「相手のことを詳しく知る」ことがあげられます。

例えば面接などで自己紹介をすることがあると思いますが、履歴書や職務経歴書を出しているのになんで?と思うかもしれません。

それは、自己紹介をすることでその人の人間性を見ることができるからでしょう。

例えば、性格や喋り方は書いてあることだけではわかりませんよね。

話をすることで相手の話し方や癖を知ったり、頭の回転の早さを測る方法の一つでもあります。

文章はどんなにしっかりとしていても、実際に話をしてみると印象が違ったなんて例はいくらでもあります。

アピールのチャンス

逆の視点で考えれれば自己紹介こそチャンスだと思いませんか?

例えば、学歴などにあまり自信がない人は面接で直接話したり、自己紹介をすることであなた自身をアピールすることができます。

ハキハキと元気よく話す人に対して嫌な印象を持つ人はいませんし、人柄を判断して「学歴以上に魅力がある人」なんてアピールにもなるのです。

自己紹介のポイント

自己紹介の場であなたの魅力を伝えるためにも定型文を話すのは止めましょう。

それでは、あなたの魅力が伝わらないばかりか相手の印象に残ることもありません。

自己紹介のポイントとしては、

  1. シンプルに分かりやすく伝える
  2. 話の内容や表現で自分らしさを出す
  3. 笑顔

が大事です。

また、はじめて会った人に自己紹介をする場面では、相手の目を見ながら笑顔でできると好感を持てます。

メラビアンの法則でも、人間の印象は視覚情報で55%が決まってしまうと言います。

その印象を作るのが自己紹介でもあり、あなた自身を表すものでもあるのです。

まとめ

自己紹介ってなかなか奥深いものですよね。

なかには口頭で伝えるのが苦手なんて人もいるかもしれません。

そんなあなたは、1分程度で相手に伝わるように事前に話す内容を考えておきましょう。

内容は簡単なものとして、

  • 名前
  • どんな仕事をしている
  • どんなことに興味があるか
  • どんな活動をしているか

などを盛り込んで話す練習をしておきましょう。

このように準備をしておくだけで印象が全く異なります。

これを機に、自己紹介について見直すきっかけにしてみましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。