目標設定と抱負の違い

スポンサードリンク

新しい年の始まりや環境の変化など、節目節目の時に何かと「目標」を立てた経験はありませんか。

学生の頃や社会人になっても何かと目標といいますが、そもそも目標とはどんなもので目標設定することにどんな意味があるのか?

意外と知らない人も多いでしょう。

目標はただ立てればいいものではなくその設定した目標を管理し達成する為のプロセスも大切です。

そんな目標について学んでみましょう。

具体的な内容が伴うのが目標

よく目標と抱負のそれぞれの違いについてわからずに使っている人を見かけます。

それぞれにどんな違いがあると思いますか?

抱負とは「こうありたい」と願う願望のようなものです。

それに対して目標は具体的に期限を決めて、どのようにそれを達成するのかを含んだものになります。

目標と抱負は全く違うものなので、目標を立てているつもりが抱負になっている人もいるでしょう。

もちろん目標も今現在出来ているものではないので願望でもありますが、どうして人間は目標を立てると思いますか?

それは目標を立てることで達成するための行動計画を立て、それに伴い行動できるようにするためでもあるのです。

大きな目標を立てて細分化していく

目標を立てる時は短期的な目標と長期的な目標の両方を立てるようにしましょう。

短期的な目標はあくまでも現実的な目標であって、それを積み重ねていくことであなたの自信につなげるものです。

それに対し長期的な目標は、とにかくすぐには叶いそうもないような大きな目標を立てるようにしましょう。

それを達成するためにはどうしたらいいのか、どんな努力が必要なのか?など計画を立てることに繋がります。

一番おすすめな目標の立て方はまずは長期的な目標を立ててそれを細分化していき、短期的な目標を立てるようにすることです。

目標の立て方には手順があります。

それを間違えてしまうと結果に繋がらない目標となってしまいますので、十分に注意しましょう。

まとめ

また目標を立てる時にそれを達成した時の自分を想像してワクワクできるかどうかも重要です。

そうでないと目標を達成するためのモチベーションを維持することはできません。

目標は楽しく自分の成長のために立てていきましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 
  1. この記事へのコメントはありません。