#1 chancemakeの運営について

chancemaker’s report

今日から運営しているchancemakeというサービスの成長について、’chancemaker’s report’と題して書いていこうと思います。

初めに言うと、私たちは志のあるサービスを0から1で立ち上げたものの、WEBサイトを運営したことがあるメンバーがいません。

それでもWEBサイト運営に挑戦する意味は、WEBの強みである多数の人に発信できる利点を活かしながら、chancemakeの想いを発信していけるからです。

まだまだ至らぬことも多いですが、絶賛成長中なので今後にご期待ください!

chancemakeって何?

さて、chancemakeというサービスは何のためにあるのか?

それは、「若者の機会格差を無くすために、自己実現を叶えられる人を増やして、世界をより良くしたい」からです。

うーん。良く伝わらないかもしれませんね 笑

実は、私たちがやりたいこと。これを言語化してお伝えするということに悩んでいます。

自己実現できる人を増やします!・・・。うーん。なんか陳腐。

世界を良くしたいです!・・・。うーん。なんか陳腐。

格差社会ダメ絶対!・・・。うーん。なんか陳腐(笑)

せっかく活動しても想いが伝わっていかないと無駄になってしまう。

chancemakeの想いを届けたい

志をもって取り組んでいることをしっかりと伝えていきたい。

そんな想いから、今日はプレゼンの勉強にいってきました。

講師はソフトバンクの加藤 欽一さん。

加藤さんは、あの孫正義さんのプロジェクトにも数多く携わり、本人へのプレゼンや講演資料の作成をご担当されています。

さらにプレゼンやリーダーシップなど社内講師を10年、満足度100%を記録されているお方です。

結論、とにかく勉強になりました!プレゼンって奥深いです・・・。

プレゼンの重要性

’プレゼン上手ってもともと話が上手い人じゃない?’

’センスだよー。’

いやいや。

セミナー受講後に分かったのは、伝える相手によって細かい点まで気を配って準備することで、誰でも上手くなれるということでした。

誰に、何を、どうすればしっかりと伝えられるのか。

フォント・ポイント数・色・配置・画像・伝え方・練習など。

そのポイントを抑えながら資料作りや話す練習を重ねる。

まとめ

ということで、本日の学びをchancemakeの想いを届けるために活かしていきます。

笑われたって良い。小さい一歩ずつでも前に進もう!

 

1+

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。