適性診断を受ける

スポンサードリンク

仕事をしていると「本当にこれが自分にあっている仕事なのか?」と悩むことはありませんか?

いざ、条件や会社の人間関係などが合わずに転職することになった場合、次の仕事をどうやって決めるべきか考えます。

同じ失敗を何度も繰り返したくありませんし、自分に本当にあった仕事で、結果を残し次こそは転職したくないと誰もが思うものです。

適正診断で強みや弱みを理解する

そんなあなたにおすすめするのは「適性診断」です。

適性診断と言えば、ストレングスファインダー®やウェルスダイナミクス、転職サイトで用意している「適職診断」なども良く目にすると思います。

さらにハローワークなどで取り入れているものでは、GATB(General Aptitude Test Battery)と呼ばれる「一般職業適性検査」などもあります。

適性検査ではあなたの知的能力や言語能力などのさまざまな視点からあなたに合っている仕事や能力・個性を探してくれます。

「自分の強み」「自分の弱み」を理解して、その適性検査をもとにどんな仕事が合っているのかを考え提示してくれます。

どんな仕事が合うか数値化できる

この適性検査は主に質問に対して自分がどのように考えるのか該当するものにチェックをつけていきます。

「こんな時はどんな行動にでるのか?」「あなたはこんな時どんな判断をするのか?」など、普段何気ない行動では判断できない深層心理まで追求していきます。

チェック項目を選ぶ時は、あまり考えすぎず直感で選択します。これと同時にあなたの仕事観も調べることがわかります。

仕事に対して求めていること、逆に求めていないものなどを数値化するもので、仕事でどんなことをしたいのかを具体的に数値で表示させます。

まとめ

このような適性診断が苦手だと言う人もいるでしょう。

自分の考え方を表にするので、それが恥ずかしいという人もいますしそんな適性検査を受けたくないと思う人もいるはずです。

ですが、時として自分のことを知ることは、これから新しい仕事や分野に挑戦する人にとって今まで気付くことのなかった自分自身の才能や深層心理を知る機会になるはずです。

このように自分自身と向き合うことは学校の勉強ではやらないことでもありますし、その上で本当に求めているものを知れば仕事がもっと楽しくなるはずです。

仕事をしている上で自分の考え方や言いたいことを理解してもらえない…なんてことは誰にでもあるはずです。

そんな時に適性診断を使えば見えなかったものが見えてくるはずです。

1+

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。