過去から学ぶ

スポンサードリンク

あなたの人格や思考など考え方は、主に「過去」の積み重ねによってできたものです。

過去があるからこそ今があり、今のあなたを作り出している事実に過ぎないのです。

人によって歩んできた人生は大きく違います。

過去は変えられない

そもそもこの世に生を受けた瞬間から一人として同じ人間はいません。

生まれた場所の環境も違えば、育ってきた環境も違いますし、過去には経験してきたこと・見てきたこと・得た知識など、様々なものが入り組んであなたという人間を作り出しているのです。

ただし、過去のトラウマなどの出来事にしばられて身動きができなくなってしまうのはおすすめしません。

過去に囚われてしまえば抜け出すことのできない無限のループに入り込んでしまうからです。

過去というのは変えることができません。

ただし、過去の出来事から学び成長することはできるのです。

過去から学ぶ

歴史というのは常に上書きのように積み重ねて今があります。

どの時代も一部でも抜けてしまえば今の日本という国はなかったのかもしれません。

その歴史の中で日本人特有の考え方や価値観などをもって今の日本ができています。

過去から学ぶと言いますが、決して学んだことをそのまま取り入れるのが正解なわけではありません。

例えば、時代が違えば正解も変わります。

その出来事の本質を理解した上で今の世の中にあった知識や考え方に変換していくことが大切なのです。

歴史だけでなくとも過去学生時代の部活動の経験から、諦めないことの重要さを学んだとします。

とはいえ、社会人になっても諦めない強さはとても重要ですし、同期のようなライバルの存在も大事なのですが、時には合わせることも大切ですし、協調性を持って仕事をすることも大切です。

自分だけを主体にした仕事がしたければ、それこそ起業するしかないでしょう。

まとめ

過去から学ぶことはとても大切です。

その上で今の自分の状況にあったものの考え方・取り入れ方ができていないと意味がありません。

過去から学びながらも今の時代にあった新しい考え方を取り入れて、あなたの成長に繋げていきましょう。

0

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。