才能と努力

スポンサードリンク

あなたは自分の才能をどれだけ理解していますか?

人間が何かをして結果を残す時には、どんな分野でも「才能×努力」の掛け算で決まると言われています。

才能がある人は少しの努力でも結果を出すことができるかもしれませんが、才能がない人はそれ以上に努力をしないと結果に繋げることができないのです。

才能がある人とない人は同じようにやっても上手く結果に繋がりません。

才能×努力

これは島田紳助さんが以前出版した「自己プロデュース力」という書籍の一部にある言葉です。

この本自体は2時間もあれば読めてしまう程のかんたんなもので、島田紳助さんならではの言葉が詰まっています。

今はTVで見かけることもなくなりましたが、彼の言葉にはさまざまな考えさせられる内容がありましたよね。

とても濃い内容の本なのでおすすめです。

さて本題に戻り、この本の中で「例えば才能に、通知表みたいに5段階あったとしましょう。5の才能の人間が5の努力をしたとしたら5×5=25で最高の結果が出ます。」と島田紳助さんは話しています。

確かにその通りだと思いませんか?

どんなに努力をしても、もともと才能がない人は、その分野では結果が出しづらいものです。

しかし、そうは言っても自分が好きなことをすることはとても大事なことです。

周りから下手と言われようがダメと言われようが、あなたが好きだと思えること自体が才能なのです。

努力と行動

どんなに努力の大切さを訴えたところで、それを理解し行動に移せる人ばかりではないはずです。

何か結果を出したいのであれば人間は努力をするしかないのです。

そのことに気付き、一生懸命努力できることも一種の才能だと思います。

才能を掛け算するというのはとてもわかりやすく、努力の大切さを教えてくれます。

才能がないからとなんでも諦めるのではなく、「どうしたら良くなるのか」を常に考えて行動できるようにしましょう。

才能とはさまざまなものがあり、このように自己分析や自分自身をプロデュースできる力も才能だと思いませんか?

あなたにも必ず隠れた才能が眠っています。

努力×才能は人生を変えるのです!

0

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。