後悔がないか想像してみる

スポンサードリンク

人生は誰のものでもありませんので、あなた自身が決める必要があります。

人生について考えた時「後悔があるか・ないか?」という問題に直面することがあります。

人生に後悔はつきものともいいますが、進んで後悔する道を選んでいる人はまずいないでしょう。

なぜ後悔するのか?

そもそも人間はどうして後悔をする生き方を自ら選んでしまうのでしょうか。

その理由について突き詰めていくと「いつか終わる人生の自覚がない」ことに繋がります。

人生とは長距離走のようなもので、誰にでもいつかは死がやってきます。

ですが、その死を意識して毎日を過ごしている人がどのぐらいいるでしょうか?

多くの人たちは日々の生活を考えることに追われてしまい、将来の死についてまで考えることがありません。

死が実際に身近に迫った時に「もっとこうしてみれば良かった」という感情が生まれ、後悔に繋がるのです。

後悔を減らす行動

後悔はしてしまうにしても、なるべく後悔しない行動はできると思います。

例えば、何かを決断する時に「他にもっといい方法があるのでは?」、「やろうと思えばできるけど、実行するのは…」と迷いが生じる時は要注意です。

なぜなら、他に正しいと思うことがあるかもしれないと気づいていたのに、行動に移せない時に後悔が生じることになるからです。

このように迷った時は一度立ち止まり、「本当に後悔しないか?」どうかを考えてみましょう。

まとめ

誰だって後悔をしたい人はいませんが、本当に後悔がないのかと言えば、ほとんどの人が何かしら後悔の感情を抱えて生きているのではないでしょうか。

どんなにすごい結果を残して活躍している人でも「全てにおいて後悔しない生き方ができているか?」と言われれば、そんなはずがないのです。

大事なことは、後悔したと感じた時に原因と向き合って、「この後悔があったからこそ、自分が成長できたり次に繋がった」と意味づけできることなのです。

あなたは、現時点で後悔しそうになっていることはありませんか?

 

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。