ジョハリの窓について

スポンサードリンク

あなたは「ジョハリの窓」を知っていますか?

サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリ・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」を後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになったようです。※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

もしかしたら、就活の時などに自己分析の一環でやったことがある人もいるのではないでしょうか?

ジョハリの窓とは?

下記4つのパターンに分けて分類することで自己理解のズレを知り受け入れることができます。

「開放の窓」 自分も他人も知っている自己

「盲点の窓」 自分は気がついていないが、他人は知っている自己

「秘密の窓」 自分は知っているが、他人は気づいていない隠された自己

「未知の窓」 誰からもまだ知られていない自己

このように自分自身を知ることによって、他人とのコミュニケーションも円滑に進めることができます。

例えば、自分をもっとさらけ出して人間関係を円滑に進めたい時は、秘密の窓に分類されている部分を少なくしましょう。

それだけで自分の隠れている部分を引き出すことに繋がり「こうでなければいけない」「他人の目が気になる」などの、あなた本来の姿を押し込めるような考えを取り除きオープンに生きることに繋がります。

どのように活用するの?

ジョハリの窓は自分以外の数人と一緒に集まって行います。

自分で自分の性格を記入したメモと、残りのメンバーの性格について記入したメモを用意します。

次に、その残りのメンバーの書いた紙を交換して、自分の手元には自分のことを書いた紙と、メンバーがあなたのことを書いた紙が残ります。

その結果をもとにジョハリの窓に当てはめて考え、その結果を話し合うというものです。

占いとは違いとてもシビアなものではありますが、自分を知るきっかけになることで客観的な判断ができるようになります。

それによって、これから就活で多くの人と会い実際に就職した後の人間関係にも役立ちますし、自分を知ることで余計なトラブルの防止にもなります。

ジョハリの窓はそんなきっかけをくれる診断方法になるのです。

まとめ

そもそも他の誰かとそれぞれの性格について話し合うことは、なかなかありませんよね。

自分が「こう思われているだろうな…」と思っていることでも、実際には真逆に思われていて自信が湧いてくることもあるでしょう。

だからこそ、ジョハリの窓を使うことで実際にどんな印象をもたれていて、自分が思い込んでいた性格と違うなんてことも気付けるのです。

誰でも自分自身のことは気付けているつもりになっていことも多くあるので、ぜひ試してみてください。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。