NPO法人

スポンサードリンク

あなたはNPO法人について説明できますか?

NPOとは「Non・Profit・Organization」の略称となり、その頭文字をなぞって「NPO法人」と呼ばれています。

これは「特定非営利活動法人」とも記されることがあります。

利益を求める団体ではなく、あくまでも社会的な貢献活動を行うこと。

団体の構成員にも利益を分配することがない団体のことを言います。

社会貢献しながら必要な資金を得る団体

とはいえ、NPO法人も何かしらの形で運営するための資金は必要です。

活動のなかには収益を目的としている分野もあり、その場合はお金を得ることが認められています。

基準はNPO法人本来の活動の目的に沿っているかどうかによって変わってきます。

社会に貢献しながら、お金を目的とはせず、必要な資金のみを得る団体ということになるでしょう。

とにかく利益を上げたいという考え方ならば、株式会社や合同会社などの利益を目的としている会社にする必要があるのです。

NPO法人設立のメリット

もちろんNPO法人には設立するメリットがあります。

例えば設立時の資本金は0円となり、通常会社を立ち上げる時に必要な登録免許などの費用もかかりません。

そのため、余計な負担をかけることなく法人を立ち上げることができるのです。

他にも税金面で優遇されることが多く、入会金や会費などは税金の対象外となります。

限られた業種で活動できる

NPO法人はどんな業種でもできるわけではありません。

活動として認められているのは17種類に限定されていて、これに当てはまらないと法人格を得ることはできません。

1つに限らず複数の活動を行うこともできるので、該当している内容であれば問題ありません。

その分野には「保健・医療または福祉の増進を図る活動」や「社会教育の推進を図る活動」「学術・文化・芸術またはスポーツの振興を図る活動」などの項目にわかれています。

まずは自分がNPO法人を立ち上げたい内容がこれに該当しているのかどうかを調べる必要があります。

まとめ

NPO法人というとその名前のイメージから信用度も高く、実際に設立する時に申請を出してから早くても6ヶ月以上の時間がかかり、審査も一定の基準を満たさないと通過することがありません。

こういった厳しさもあり社会的に信用されたい団体などでNPO法人を選択する場合が増えているのです。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。