知識を深める

スポンサードリンク

人間にとって人生の深みを出すためには「知識を深める」ことが一番の近道でしょう。

ある程度年を重ねて来た時、尊敬できるようなすごい人と話した時に「自分は浅い人間だな…」なんて人間性の薄さを感じたことはありませんか?

会話をしていても引き出しが少ない、知識が少ない、ただ話を聞くだけしかできないなど、相手の話に対して的確な意見を述べることもできず、自分の無力さを実感して落ち込んだはずです。

知識が豊富な人は同性からみてもとても魅力的です。

会話をしていて話の引き出しが多いのでとてもユーモアがありますし、人間としての深みもあります。

これらはただ表面上しか見ない知識の浅い人間では真似をすることはできません。

知識を深め自分のものにしたからこそ、その人らしい言葉や態度で相手に伝えることができるのです。

会話や読書から知識を得る

では知識を深めるためにはどんな努力をする必要があるのでしょうか。

まず「目上の人と接する」こともその一つでしょう。

同世代の人と会話をしたり食事をして遊ぶ機会が多い人は、その時間もとても有意義で楽しいものですが、いつも同じような話ばかりになってしまい会話が深まることがないと感じていませんか?

目上の人と会話をすることは自分が知らない知識を教えてくれたり、人生経験が豊富な分、話を聞くだけでも今まで知らなかった分野を教えてもらうきっかけになります。

また読書をするのも知識を深める方法の一つです。

マンガや雑誌なども楽しいかもしれませんが、知識を深められる内容のものは全体的に少ないかもしれません。

有名な先生の自伝やビジネス書などはもちろん、苦手な人は小説でもかまいません。

小説にはあなたが知らない世界が広がっているので知識を深めることに繋がります。

そして、情報を頭に入れるインプットは当然ですが、さらに大事になのはそれを人に話したり仕事に活かしたりするアウトプットが大事です。

なぜなら人に伝えることを意識することで、しっかりと話を聞いたり内容を理解しておかなければならないと思うので、結果的に質の良いインプットができるのです。

まとめ

知識を深めるためには、今のままでは意味がありません。

行動すること、読書をするなど今と違う時間を取り入れることで毎日少しずつでも知識をつけていくことができます。

日頃から読書の習慣がない人にとっては本を読むことすら苦痛に感じてしまうかもしれませんが、まずは1日5分・10分でもいいので短時間でも本を読む習慣を見につけていきましょう。

 

0

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。