相談する

スポンサードリンク

自分の今後の人生が見えない時、進むべき道に迷ってしまうことは誰にでもあるはずです。

そんな時あなたならどうしますか?

ただ時間が過ぎ状況が変化していくのを待つのか、それとも自分から行動し誰かに相談するなどのアクションを起こしますか?

問題解決のために意見を聞く

どちらも決して間違いではありません。

ですが、どんなに自分で考えても答えが出ない時は誰かに相談するのも一つの方法です。

そもそも相談とは問題を解決するために話し合うことや他人の意見を聞くことを言います。

他人の意見のなかには自分では気付けないような考え方や解決方法が隠れていることもあり、実際にどこに進んで良いのかわからなくなってしまった時に道標となってくれることもあります。

相手や内容に注意する

ただし相談するということはあなたの悩みを共有し、その相手も巻き込むことになります。

そのため、相談する内容やその時の言葉の選び方には十分に注意したいものです。

あなたが相談をしたことで相手の人はそれが重荷になってしまうことがあるかもしれません。

相談相手を選ばないとあなたのことを思うあまりに気を遣ってしまう人もいるかもしれません。

人間は大人になればなるほど、自分の発言する言葉の重みを実感しなくてはいけません。

その発言した言葉が相手にどんな影響力を与え、何を得ることに繋がるのかなど責任を伴うものなのです。

相談する前に一度頭の中を整理してから話すようにしましょう。

相談する必要があるか

また、相談した内容に関して相手から思いもよらないような意見が飛び出すこともあります。

相談をしたのはこっち側なのに、逆に気分が悪くなってしまうことも…。

相談するといっておきながら実はただ話を聞いて欲しいだけの場合もありますよね。

相談にはさまざまな種類があります。

あなたが相談したいことは人に影響力を与えてしまうことですか?

それともそっと背中を押して欲しいだけのことでしょうか。

このように相談という言葉にはさまざまな意味があります。

まとめ

自分の頭で考えているとハマってしまって何日も悩んでしまうようなことでも、相談してみたらたった一言で解決した。なんてこともあるでしょうから、頼れる時は頼ることをおすすめします。

気をつけなければならないのは、相談する場合はしている側にも聞く側にも責任がかかってしまうことです。

自分から誰かに話す時も、相手が時間を使ってくれていることに感謝や配慮をする必要があることを忘れずにいたいものですね。

 

 

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。