合同会社・合資会社

スポンサードリンク

会社にはいくつかの形態があって特に株式会社が一般的ですが、他にも「合同会社」と「合資会社」があります。

それぞれ聞きなれない名前ですが、組織としての特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

信用度を得やすい合同会社

例えば、合同会社を近頃さまざまなところで見かけると思いませんか?

新会社法にて認められた新しい会社の形になり、日本版のLCC (Limited Liability Company)です。

余計な手続きが必要なく設立する費用も安いので、法人としての名前だけ欲しい時にも使われます。

クライアントとの取引で個人よりも法人の方が信用度を得やすいので、合同会社を設立するというのが多いようです。

合同会社から株式会社への組織変更もできるので事業を大きくしたい時など、変更することもできます。

最高意思決定機関が社長総会になるなどの、株式会社との違いもあります。

合資会社の特徴

合資会社は以前少額でできる法人の方法として、一部の企業で使われてきた方法です。

株式会社が少額で誰でも設立できるようになり、会社を立ち上げる敷居が低くなったので合資会社を選択する人は減っています。

このような会社を持分会社とも言い、会社の意思決定や利益による配分を出資した比率に関係なく決定することができ、自由に会社の定款を決めて運営することができます。

株式会社の場合は出資者と経営者が違う(同じ場合もある)ので、その株主によって会社の方針が大きく左右されてしまうこともあり、出資を多く集めて運営することが必要になります。

ですが、持分会社の場合、社員を増やす時に株式会社とは違った手続きが必要になります。

定款を変更しなくては採用することができず、現在所属している社員が全員納得した上で定款を変更して「氏名又は名将及び住所」を記載する必要があり、気軽に社員を増やすことはできません。

また合同会社は有限責任社員のみで形成されていますが、合資会社の場合は有限責任社員と無限責任者の両方で構成されており、もし会社が倒産するなど負債をかかえてしまった場合は、その負債を自分の資産で賄わなくてはいけません。

無限責任社員はこういったリスクが多い分、会社の経営に携わることができるのです。

まとめ

一言で法人と言えども、形態はさまざまなものがあります。

それぞれの違いを知り、最適な形を選択することが、利益のある会社を運営するカギとなります。

 

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。