スタートアップ

スポンサードリンク

近ごろ何かと聞くフレーズに「スタートアップ」があります。

IT業界などのベンチャーでも頻繁に使われるので、なんとなくは意味を知っていても実際にそれが正しいのかどうか迷ってしまう場合もあるでしょう。

ベンチャーとの違い

そもそもスタートアップとは「行動を開始する」といった意味があり、日本では「起業」の意味合いとして使われることが多くなりました。

会社を立ち上げること=スタートアップになっていて、他にも急激に成長する企業に対してもこのスタートアップを使う場合があります。

よくベンチャーと何が違うのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

ただ会社を立ち上げただけではスタートアップとは言わず、目的をもって組織を構成し急激な成長スピードを持って会社としての収益を上げていることが条件となります。

もともとこの言葉はアメリカのシリコンバレーから来たものです。

アメリカの場合会社の設立年数や規模などにとらわれることなく会社としてどんなことをやってるのかに重点が置かれます。

日本の場合スタートアップとして今の会社から引き抜きにあい転職するのもよくある話です。

その人の実力が認められスタートアップとして実力採用したいと企業が希望しているのですから、そういった声がけには参加するのがおすすめです。

またスタートアップに参加するといろいろな業務内容に携わることができます。

本来大手であれば役割分担がしっかりとできているので、自分の担当している仕事以外はほとんど分からないなんてこともありますよね。

でもスタートアップの場合はまだ形になっていない場合も多いので、チャレンジできる幅が広く新しい技術を知り身につけることもできるのです。

まとめ

スタートアップを楽しめるかどうかがポイントになるといえるのではないでしょうか。

今までにない事業に挑戦して、イノベーションを通してさまざまな人の生活に携わり、世の中を変えることを目的としている企業が多いです。

もし今後会社を立ち上げる場合には、自分の会社がスタートアップに該当しているかも意識してみると良いでしょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。