障害者を対象とした支援

スポンサードリンク

実は昔に比べ障害者が増えているのを知っていますか?

障害者とは外見で判断できる場合もあれば精神的な障害などもあり、一言に障害者と言ってもさまざまな人がいます。

人の援助がないと日常生活を送ることができない人もいれば、薬さえ飲んでいれば健常者と同じように生活が送れるなど、一見障害者と分からない人もいます。

さらに障害者には程度がありますので、一概にひとまとめにはできません。

障害者を支援する法律

障害者の人を対象とした法律「障害者総合支援法」が平成30年より施行されるようになりました。

以前から障害者に対する法律はありましたが、都度見直され時代とともに変化してきたのです。

この障害者総合支援法は障害者の日常生活や社会的な生活を支援するための法律です。

障害者といっても、健常者のように自分で住みたい場所を選択して住み慣れた町で生活できるように国がサポートしていきましょう!ということです。

障害者の雇用

そんな障害者を対象としたさまざまなサポートがあるのを知っていますか?

例えば「障害者雇用」などもその一つで障害者を差別することや、障害者であることを理由に面接で落とすなどの行為が禁止され健常者と同じく平等に判断すべきだとしています。

また法定雇用率と呼ばれる制度があり、事業主に対して身体障害者や知的障害者などの雇用を義務付けています。

以前は200人以上の雇用がある事業者が対象でしたが、平成27年より100人以上の雇用がある事業者も対象になり、これを達成できない場合は毎月不足人数×5万円の支払いが義務付けられています。

さまざまな場所で障害者の人たちが元気に楽しく働ける環境が整うこと、その選択肢が増え自分たちで選べるようになるなど、障害者の雇用についても見直していく必要があります。

まとめ

本来なら健常者・障害者などと区分することからいいことではないのですが、どちらも平等に生活していく自由があり、充実した毎日を過ごす権利があります。

その権利を正しく使うことができていないとしたらどうでしょう?

自分には関係ないからと考えず、障害者など立場に関係なく生きていくための、生きやすい社会を作り出していきましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。