虐待・暴力

スポンサードリンク

日々のニュースで「虐待」や「暴力」の悲痛な話題がつきませんね。

たいてい、その被害にあうのは女性や子供などの弱者です。

被害に合う前になにか解決する方法はなかったのか?

周りの人たちは気づかなかったのか?

などとそのたびに問われますが、どうして日本では虐待や暴力がなくならないのでしょうか。

虐待から守るために

虐待死のニュースもあり、現在児童相談所の体制強化など虐待を未然に防ぐために、さまざまな対策が取られています。

ですが、以前からこの手の問題が起きるたびに同じような原因や要因が言われており、政府が対策をするも防げずに大きな被害になってしまうケースが増えているのです。

虐待や暴力は政治の想像を遥かに越えるものになり、根本的な解決を目指すのは容易なことではないのです。

また虐待や暴力についてその判断が難しいところなのですが、本人が辛いと思っている時点でそれは虐待や暴力に分類されることを忘れてはいけません。

加害者にも寄り添う必要がある

どうして虐待がなくならないのかを考えた時に、まず見えてくるのは虐待をしてしまう親が公的機関に対して敵だと認識してしまっていることにあります。

行政が加入しないように逃げてしまう事例もありますし、その結果虐待が深刻化してしまい、最悪な結果として死に至ることもあるのです。

どうして子どもを救うはずの公的機関に対してこのような感情が生まれてしまうのでしょうか。

虐待をしてしまう親は役所に勇気を出して出向いたにも関わらず、何も助けてくれなかったと絶望を感じてしまうケースもあります。

一度信用した相手に対して期待を裏切られる行為は人間にとって辛いことです。

まとめ

虐待をしている親は決して最初から虐待をしたくてしているわけではないのです。

虐待を受けた子供のケアも同時に大切なことになります。

発育に遅れが出てしまったり知的発達の影響が出てしまうこともあります。

虐待が精神的なトラウマになってしまうことも考えられます。

劣等感や無力感を感じてしまい、人間として心の傷を抱えたままの人生になってしまうこともあります。

虐待はしている親にとっても子供にとっても両方が被害者です。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。