自然や環境を守る

スポンサードリンク

私たちは学びやメディアなどによって、自然や環境を守ることの大切さを考えさせられています。

地球温暖化もその一つで、このままだと酸性雨で植物が枯れて、中には水没してしまう国や、絶滅してしまう動植物が増えていくなど“地球危機”であると言われています。

私たちが住んでいる地球という大きな星は、環境の変化によって常に悲鳴をあげているのです。

どうして自然や環境を守ることが大切なことなのか。守る意味などを理解していきましょう。

美しい姿で未来に残す

地球規模で考えるとスケールが大きいのでイメージが湧きにくいものです。

自分がやらなくても誰かがやってくれる、むしろ自分ひとりががんばったところで何が変わるのだろう?

誰もがそう思っているのではないでしょうか。

地球単位で考えずにもし自分の身の回りにいる人の未来で考えたらどうでしょうか。

例えば、あなたの子どもが生きる未来に美しい地球を残したいと思いませんか?

壊れかけた地球でさまざまな環境問題のなかで生きていくことになるのです。

すばらしい地球の自然や環境を子どもや次の世代にに残していきたいと考えれば、とても身近な問題に感じませんか。

そのために、ちょっとした取り組みでもいいので何ができるのかを考えることが大切です。

一人ひとりの少しの取り組み

例えば、地球温暖化対策として毎日の光熱費を無駄にしないようエコを心掛ける、食材は残さないようにしてゴミを減らす、保全団体に少額の寄付をするなど、できることからはじめてみるのが大切です。

少額の寄付で森を再生するための苗木を植えることができます。

海の自然を守るために調査をしてその影響を防ぐことに役立ちます。

野生で生活している生き物を守り絶滅を防ぐことができます。

あなたがちょっと行動しただけで変わること・救われることがたくさんあるのです。

まとめ

自然や環境を守ることは決して難しいことではありません。

だけど、ちょっとした行動で誰かが救われていると考えると、とても意味があることだと思いませんか。

それは身近な人にも繋がり、結果として誰かに伝わっていくのです。

人と人は未来に繋がるきっかけを作ることができると考えると、とても意味のあることだと思います。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。