社会福祉

スポンサードリンク

“人はみな平等であるべき”

そんな考えを形にしているのが「社会福祉」の考え方です。

人間には同じように見えて、さまざまな生活をしている人がいます。

社会福祉の対象となるのは、一般的には低所得者と呼ばれる人や身寄りのない高齢者・子供・身体障害者などの、社会的弱者の人たちです。

公的制度を受けることによって一定基準の生活を送るために援助する、という考え方を社会福祉としています。

社会の中でどうありたいか

近頃は世界的に見てもこの社会的弱者を守ろうとする動きが強まっています。

時には女性も社会的弱者として含まれることがありますが、社会進出が進むと自分でそれを解決しようと自ら立ち上がろうとする動きも出ています。

守られるだけではなく、いつまでも社会的弱者として見られることに不快感を示すようになったのです。

女性の場合、DV被害や貧困などもその一つで、現状の立場が悪くとも男性のようにそれを改善する力がないのです。

自分にできることを知る機会

では、具体的に社会福祉ではどのような取り組みが行われているのでしょうか?

例えば、地域の住民同士の関係が希薄になりがちな今の時代は、子育てや介護に不安を感じる人が後を絶ちません。

そのため、地域で交流が持てる場を提供したり、ボランティア活動を通して心を通わす環境を作るなど、一人で抱え込まずまわりの人たちに助けを求めることの大切さを伝えています。

また、そういったボランティアに参加する側も普段は接することのない社会的弱者とどう接していくことが大切なのか、また自分にできることはどんなことがあるのかを知る機会にもなります。

ボランティアは無償で行われるものですが、賃金が発生しない代わりにたくさんの経験や学びを得ることに繋がります。

人と人との繋がりの大切さをこういった交流を通して学ぶことが大切なのです。

まとめ

いつの時代も犠牲になるのは社会的弱者の人ばかりです。

自分にできることは何か、また自分が社会的弱者になった時に、いかに人の交流が有り難いと感じると思いますか?

人は自分がその立場にならないと相手の気持ちを理解することがなかなかできないのかもしれませんが、社会的弱者を救うためにはまずは興味を持ち知るための行動に移すことが大切なのです。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。