少子化社会

スポンサードリンク

日本では「少子化社会」が問題視されています。

あなたは少子化問題についてどの程度理解していますか?

広義としては「子どもの数が減少すること」を少子化社会と呼んでいます。

高齢者よりも子どもの数が多い社会

まずは少子化の現状について説明していきます。

日本では1997年に高齢者よりも子どもの数が多くなり「少子社会」になりました。

これは女性1人辺りが出産する子どもの数が減ったことに原因があります。

現在はその当時と比較すると僅かながら数が増えているのですが、現在の日本が抱えている問題を解決できるほどの人数には至っていないと言われているのです。

社会保障制度崩壊の危険性

どうして少子化社会が何かと問題視されるのかというと、社会保障制度は15歳~64歳の労働者によって支えられています。

昔はこの年代の「生産年齢」の割合が多かったのですが、現在は高齢者が増えて生産年齢の人口が減少してしまっているのです。

その結果、年金や医療・福祉などの社会保障制度が保てなくなってしまい、崩壊するのではと危険視されているのです。

少子化社会の原因

少子化社会の原因を辿ってみると、女性の社会進出が進んだことにもあるでしょう。

仕事と出産・子育ての両立は簡単なことではありません。

昔に比べて働く女性は増えたのですが、出産適齢期の頃に仕事を抜けるわけにはいかず、結婚や出産の優先順位を下げてしまうのです。

また非正規雇用が増えたことで年収の低下が進み、結婚に踏み出せない男性が増えてしまったのもその原因かもしれません。

安定した収入が得られないとなれば、結婚して家庭を持ち、子どもをつくり育てるなんて、夢のような話になってしまいます。

その結果、男女の共働きが進み、子どもの出産を後回しにしてしまっているのです。

まとめ

現在は少子化社会を改善するために、保育の改善や男性の育児休暇など、さまざまな対策が行われるようになりました。

育休法についても何度も見直され、現代は2歳まで育休を延長できるようにもなりましたね。

子どもが3歳未満であれば短時間勤務も認められるなど、子育てと働き方改革を見直す働きが強くなっています。

子どもは社会の宝でもあり、今後の日本に欠かせない存在だと言えるのではないでしょうか。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。