契約社員・派遣

スポンサードリンク

仕事の働き方はさまざまです。

正社員で働く人もいれば、契約社員・派遣社員などの決められた期間の仕事をしている人もいます。

どちらも働くことには変わりがありませんが、日本は正社員信仰が強いのでそうでないことに負い目を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

正社員になれるわけではない

2013年に労働契約法が大きく改正されたことを覚えていますか?

派遣切りなどが話題となり、安定した収入を得ることができず生活に支障が出てしまうことがないように定められたもので、同一の使用者との間で有期労働契約が5年を超えて更新された場合、無期労働契約への転換を申し込むことができるというものです。

契約社員や派遣社員の場合、いつ切られてしまうのか収入の安定が見込めないことが問題だとされてきました。

更新の度に雇い止めに合うかもしれない不安があり、いつまでも収入を安定させることができずに苦しい思いをしていた人も多いでしょう。

確かに無期労働契約になり途中で契約を切られる心配はなくなります。

ですが、だからといって正社員になれるわけではありません。

契約社員の場合はあくまでも契約社員として働く場合が多いでしょう。

自分に合う雇用形態

契約社員や派遣社員の場合、正社員と違い期間を切って働くことができます。

中には、この働き方の方が条件に合っているという人もいるでしょう。

短期間の派遣でさまざまな職場を経験したり、一定の期間だけ仕事がしたい人もいるでしょう。

その場合、最初から正社員で入ってしまうと途中で簡単に辞めるわけにはいきません。

最初はお試し期間として契約社員や派遣社員で働き、中には企業に認められスカウトされる事例もたくさんあります。

また正社員になるとどうしても責任の重い仕事が多くなってしまい、仕事が楽しく感じなくなってしまう人もいるでしょう。

まとめ

正社員・契約社員・派遣社員など働き方は人それぞれです。

どれが正解なんてこともありませんし自分が求める働き方にどれが一番近いのか、無理なく働けるのかを考えるようにしましょう。

いずれも働いているので誇りをもって仕事に取り組むようにしてくださいね。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。