多文化共生

スポンサードリンク

多文化共生という言葉を知っていますか?

聞きなれない言葉かもしれませんが、以下の様に表現されています。

「国籍や民族などの異なる人々が互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」

出典:多文化共生の推進に関する研究会報告書(総務省)

近頃は日本にもこの考え方が取り入れられるようになっています。

というのも日本人以外の外国人の割合が増えているため、住んでいる地域に多国籍な外国人が住んでいて交流を持つ機会が増えていることにあるのではないでしょうか。

生まれた国や育った国が違えば文化や考え方も違うものです。

違いを受け入れ学びあう関係

様々な違いを国が違うからと差別する、受け入れないと決めつけてしまうのではなく、違うからこそお互いに学べる向上し合える関係だと思うことが大切なのです。

自分の価値観を広げる・新しいことを知るきっかけにもなります。

多文化共生は日本人ならではの世界を狭く考えてしまう思考を変え、広げてくれるものでもあるのです。

世界の人と一緒に生きている

近頃はこの多文化共生を一つの考え方として取り入れる動きも始まっています。

言葉の壁がわからない・日本の文化を知らない外国人の人に対して国籍など関係なく誰でも住みやすい環境作りを提供すること、多文化ならではのパワーを取り入れること、ともに活躍できる場を提供することなど多文化だからこそのメリットもたくさんあります。

より広い視野で世界を見るきっかけにもなりますし、外国人という概念で見ることなく一緒に生活している、一緒に生きているという感覚を持つことにも繋がります。

まとめ

日本の都市部を中心にこの多文化共生は広がりつつありますが、実際はまだまだ浸透していない地域も多く外国人というだけで仕事が限られてしまったり差別されてしまうこともあります。

お互いが学べる環境であることを受け入れることでより日本の発展にもつながっていくはずです。

またいかに日本が恵まれているかを知るきっかけにもなります。

子どもも大人も外国人なども関係なく、お互いを認めて共生していける関係に導くことが日本の未来のためにもとても大切なことなのです。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。