ボランティア

スポンサードリンク

あなたはボランティアをしたことはありますか?

空いた時間をもっと有効活用したい!

何か人の役に立てることがしたい!

仕事がお休みの日に時間を持て余している人や、社会的な自立もありボランティアを希望する人が増えています。

協力して乗り越える

特に東日本大震災などの災害時に現地に赴(おもむ)き、仕出しをする・高齢者の話し相手になるなど、TVで見たボランティアの姿に心を打たれた人も少なくないでしょう。

ボランティアは何か特別な資格がなくても思い次第で誰かの役に立つことができるのです。

ボランティアにはもともと志願者という意味があり、自分でできる範囲で他社と協力しながら賃金などの報酬を得ない活動のことを言います。

活動内容はどんなことでも良く、自分にできることや経験・知識から活かせることを探していくことが大切です。

ボランティアの基本は「してあげている」ではなく、お互いが協力しあい乗り越えていく家族のような温かい気持ちが大切です。

人間は一人では生きていけませんので、一緒に協力して前向きにがんばっていける環境を作り出すのです。

ボランティアは確かに無償の活動ですが、ボランティアの経験を通して人との繋がりや温かさを実感できること。

さらに自分にも何か人のたに役に立てることが自信にも繋がります。

経験を通して学べることも多く、自分がこれから先どんなことをしていきたいのか見つけるきっかけになることもあります。

特に今の時代は人との関わりが希薄になってしまうことも多く、隣に住んでいる人の顔すら知らない人も多いでしょう。

昔なら何かあれば協力しあい助ける精神が当たり前だった時代と比べるとなんだか寂しい気持ちもしてしまいますね。

まとめ

ボランティアというと挑戦しづらいもののように感じてしまうかもしれませんが、人と人の繋がりを通して学べる機会を無償で与えてもらえたり、笑顔にできる活動だと考えると、とてもやりがいのある活動であるのが分かるでしょう。

もちろん日本だけでなく世界も視野に入れればボランティアを必要としている国や人はたくさんあります。

最初から世界に目を向けるのはハードルが高いかもしれませんが、自分にできることから始めてみませんか?

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。