ヘッドハンティング

スポンサードリンク

優秀な人材に対して、外部からスカウトして自社に入社させることを「ヘッドハンティング」と言います。

もともと実力主義のアメリカなどの海外で行われている方法で、日本では主に外資系の企業などで行われています。

日本でも増えているヘッドハンティング

その人の人脈や評判などを駆使して欲しい人材をあらゆる方法で探します。

他業種でも問題なく、もっといい条件で働きたいと思ってはいるけど、仕事が忙しくなかなか時間が取れない人などに声をかけます。

転職の時期を考えている人や、条件次第では転職を考えているなど、人によって仕事に対する想いは違います。

近頃は日本のさまざまな企業でも、欲しいと思った人材に対してヘッドハンティングを行うことが増えています。

その結果、終身雇用の制度が成立しなくなっているとも言われているのです。

日本で初めてヘッドハンティングが公に行われたのは、元ローソン代表取締役社長及び会長の「新浪氏」がサントリーホールディングスの社長に就任しました。

他にもコカ・コーラ代表取締役社長が資生堂の社長になるなど、近頃はこういったエグゼクティブ層のヘッドハンティングも多くなりました。

必要とされる存在になる

今後AI化が日本の多くの仕事でも浸透すると言われていますが、そんな中で仕事をし続けなくてはいけない時代がやってきます。

日本は今まで年功序列制度を取り入れていたので、会社に就職さえしてしまえば後は年月が経てばある程度の仕事と給料などの待遇が約束されていましたが、今後は働き方の変革によってそうもいかなくなります。

今いる会社だけでなく、外部の人からも欲しいと思われる人財であれば生涯仕事に困ることはありません。

そのためにはヘッドハンティングされるような人財になることが大切です。

まとめ

これからは、テクノロジー化が進んで人間にしかできない仕事に価値が集まるようになります。

そんな時代で個性を発揮していくためにも、手に職をつけることや将来性のある専門的な分野に精通することなど、人から欲しいと思わせる人財を目指しましょう。

そのように個性を発揮していけるようになれば、今の仕事よりも給料面や待遇などの条件がいい企業が見つかるかもしれませんし、ヘッドハンティングされるような人であれば起業するという道も開けることでしょうか。

日本でも実力主義の社会に変わりつつありますので、自分の手で仕事を見つけていかなくてはなりません。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。