スポーツ・文化・芸術

スポンサードリンク

あなたはCSR(シーエスアール)活動という言葉を聞いたことはありますか?

企業がもつ社会的責任の意味をもち、安心で安全なサービスを提供することや環境への取り組み、地域への貢献など無償のボランティアのような考え方です。

今の時代は企業の生き残りも難しいとされるなか、自分勝手なビジネススタイルでは多くの人に受け入れてもらうことができず、企業として成り立たなくなってしまいます。

こういったCSR活動のなかにはスポーツ・文化・芸術などの取り組みがあり社会に関わる大切さを伝えています。

スポーツを通したCSR活動

例えばスポーツに関しては企業がサポーターになることで、人々の健康づくりに働きかけます。

スポーツと健康は切っても切れない関係にあり健康な社会の発展に繋がるものです。

日本代表選手の育成はもちろん、スポーツイベントを定期的に行い地域の人が参加できるような環境を作り出しています。

例えば地域のマラソン大会やスポーツ・レクリエーションなどもその一つです。

文化・芸術を通したCSR活動

文化・芸術の面で見れば日本ならではの素晴らしさを世界に発信したり、その文化・芸術を体験したり触れることにより、興味を持ってもらうことを目的としています。

地域ならではの天然記念物・史跡・建造物など他の地域にはない魅力的なスポットもたくさんあります。

世界遺産・文化遺産に登録されている有無に関わらずこれらは文化的な価値が高く、とても重要なものです。

こういった文化を守り後世に伝えていく必要があるのです。

まとめ

スポーツ・文化・芸術に関して見ると、それぞれに社会的な繋がりがあり、どれも体験することによって学びがあり、協賛してくれる相手を得るなどとてもメリットが大きなものです。

文化を通して地域の人との交流を持ち興味をもつこと、そのなかで地域に貢献できることを探すことやそういったきっかけづくりにも繋がります。

いずれにしてもCSR活動は人との交流をもつきっかけにもなります。

慈善事業だと良く思わない人もいるようですが、実際にこういった活動に貢献している企業は長い歴史があり結果に繋げてきた企業ばかりです。

活動を通して人のためにできることをしていきましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。