ビジネスマナー

スポンサードリンク

事業で成功する人ほど「礼儀」を重んじるこんな言葉を聞いたことはありませんか?

社会人になると礼儀ができていない人を見かけてもお互いに注意することはなく、礼儀がわからないばかりに大切な取引先に失礼なことをしてしまった…なんて人も珍しくはないでしょう。

映画『キングスマン』でも登場した台詞、

「礼儀は人を作る」

出典:映画『キングスマン』(原作マーク・ミラー、デイヴ・ギボンズキングスマン:ザ・シークレット・サービス

のように、礼儀を知らないばかりに損をしてしまうこともあります。

そんな礼儀知らずにならないためにもビジネス上で必要な礼儀の考え方について説明します。

自分の行動で相手に気持ちが伝わる

どんなに頭がよく優れた人材でも礼儀のない人間は信用されることもなく、ビジネスを成功させることができません。

多少不足している部分があったとしても、クライアントや同じ職場の人に対して敬意をもち、どんな時でもきちんとした言葉遣いで丁寧な挙動をする人は、誰からも信用され成功する可能性のある人です。

その人が日頃からどんな意識で日々を過ごしているのかはその人の考え方や行動によってにじみ出るものですし、自分ではわからないと思っていても相手は感じるものです。

基本となるマナーを身に着ける

またビジネス上の礼儀だけで見ると服装や身だしなみに気をつけること、上司には自分から目を見て挨拶をすること、報連相を徹底すること、謝罪は自分から行うこと、待ち合わせの時間よりも早い時間に到着し相手を待たせないことなど、ビジネスを成功させるために基本となる礼儀もありますね。

なかにはこういった考え方が古いと守らない人もいるのですが、礼儀が守れない人間は信用されることもありませんし、特に目上の人や経営者など成功してしている人ほどこの考え方を大切にしているものです。

例えば営業職をしていて礼儀がない人間は結果を出すことはできません。

営業職ほど相手から見られる仕事はありませんし、外見や内面などの人柄で判断されることも多く、それを理解していないとどんなにトークが上手な営業でも相手を不快な思いにさせてしまい契約を取ることができないのです。

まとめ

日本人は特に礼儀に対して厳しい人も多いです。

日頃結果が出にくいと悩んでいる人は、ビジネス上の礼儀を守ることができているのかどうか、今一度自分を見直してみるといいでしょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。