第二新卒

スポンサードリンク

転職活動をする上でよく目にするのが「第二新卒」でしょう。

求人サイトを見ていると大手でも第二新卒歓迎!

なんてフレーズも多く、自分が該当しているのかとても気になりますよね。

実は第二新卒に法的な意味での明確な基準はありません。

では、第二新卒とはどういった意味になるのでしょうか。

少しでも社会経験のある人財

第二新卒とは大学や大学院・専門学校などの学校を卒業し一度は就職したけど別の会社に転職をする3年未満の人を指します。

男女などに区別はなく、あくまでも「少しでも社会経験」がある人を指す言葉です。

時には新卒で入社して3年未満の人にも使われることがあります。

学校を卒業して一度も正社員として就職したことがない人は既卒者になりますので、似ているようで両者は全く異なる意味をもっています。

転職に有利なケースが多い

この第二新卒の場合、なんといっても転職をするのに有利な場合が多く採用されやすいというメリットもあります。

実際に企業の半数以上がこの第二新卒を積極的に採用したいと考える傾向にあるのです。

その理由として新卒採用では優秀な学生が欲しいという企業が多く、予定していた人数よりも採用者が下回ってしまうケースも珍しくありません。

実際に新卒で入社した人のうち3割が3年以内に辞めてしまうなんてことも多く、第二新卒は優秀な人材を確保したい企業によっては嬉しいタイミングでもあるのです。

だからこそ、求人サイトなどで第二新卒を歓迎する表記が多いのです。

しかも、第二新卒の採用基準は新卒採用に比べてそのハードルが低いことも関係しています。

例えば「一緒に働けるかどうか」「意欲はどうなのか」など、志望動機やその人のやる気によって採用を判断されるケースが多く、面接で自分の気持をしっかりと相手に伝えることができれば採用されるのも夢ではないのです。

そのため、第二新卒を狙って転職する人も多く、そのこと自体が新卒者が入社しても3年以内に転職してしまう原因に繋がっているとも考えられています。

まとめ

第二新卒はチャンスの時期であると言えます。

就職した会社が合わずに悩んでいる人は、この機会をチャンスと捉えて転職してみるのも良いでしょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。