新卒

スポンサードリンク

新卒には大きく分けて2つの使い方があります。

大学や大学院・専門学校などの学校を卒業してからすぐ(2~3年)の社会人として経験が浅い人に対して使う場合と、今年度中に学校を卒業する学生に向けて使う場合があります。

もともとは「新規卒業」や「新規卒業者」の略称として使われ、今では新卒の方がポピュラーな言葉として使われています。

新卒でないと就職できない会社もある

日本の就職ではこの新卒にこだわる企業が多く、新卒でないと就職できない会社も存在します。

毎年3月~就職活動を本格的にスタートしますが、近年は高望みさえしなければ新卒なら比較的内定を取りやすいと言われています。

新卒にこだわる企業

新卒採用にこだわる会社には「銀行」や「電力会社」「丸井グループ」「日新」などの会社が上げられます。

実際に新卒を重視する会社は「離職率が低い」という統計も出ていて、いかに優良企業で一度就職すると長く勤める社員が多いことも分かります。

その一方で、新しく入ってくる人の枠が少なくなってしまうこともあるので、一概に良いかどうかと言えない側面もあります。

また、新卒にこだわる企業はここ数年の業績も安定しており、ワークライフバランスも充実した働きやすい会社に多いことも分かります。

優良企業に入るために

新卒であることは、今後の未来を考える上でも、いかに幅が広がり長期的な安定に繋がるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

いくら内定率が上がっているからと言っても、どこでも就職できれば良いというわけでもありませんよね。

大学を出てわざわざブラック企業に勤めたいと思う人は少ないはずです。

こういった優良企業に勤めることが今後の人生に大きな影響を与えるとなれば、誰だって新卒にこだわるでしょう。

まとめ

日本の就職活動は海外から見ると異色と言われることもあり、いっせいに就職活動をはじめ企業側も就活生も大変イベントです。

それに、今でも男女で比較すると男性の方が新卒でも採用されやすい傾向にあるのは変わりません。

女性の場合、ライフスタイルの変化が大きいので同じ新卒でもどうしても差が出てしまうという実情のようです。

新卒で会社に入ることのメリット・デメリットをしっかりと考えて行動していきましょう。

 

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。