補助金

スポンサードリンク

会社を運営していると資金が足りず頭を痛めることもあるでしょう。

もっと会社の設備を充実させて規模を大きくしたい、自社のHPを作って不特定多数の人に対して集客したいなど、夢は大きく持っていても資金が不足しているとどうにもなりません。

そんな人にこそ「補助金」の制度をおすすめします。

一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、会社を運営していくためにはこの補助金を上手に使いこなすことも大切なのです。

“物に対して”支払われる

そもそも補助金とは、その名前からもわかるように「何かを補助」するお金のことを言います。

国や自治体で政策を推進するために支援するお金で返済を必要としません。

融資のような借り入れではないので金利の心配や保証人なども必要なく、申請して条件を満たせば本来もらえるお金になるのです。

ただし、こういった補助金を国から積極的に推進することはありませんので、自分で調べて申請しないと損をするお金でもあるのです。

例えば、事業に必要な設備や作成費用・広告費など“物に対して”支払われるのが補助金で、“人に対して”支払われる助成金と混同されることがありますが全く違うものなのです。

支給が早い

補助金は新規事業を行う時や事業をより拡大したい時などに使われます。

補助金の申請は経済産業省や地方自治体に申請をしなくてはなりません。

その上で、いかに必要な資金であるのかを伝え申請します。

助成金よりも申請の基準が難しく条件を満たしていても申請が通らないこともあります。

ですが、申請が通れば1週間程度でそのお金を受け取ることができるなど支給が早いのもポイントです。

すぐにでも事業を始めたい・広げたいと思っている人にとってこの早さは嬉しいですよね。

尚、補助金は基本的に後払いとなりますので、あくまでも自己資金で事業を行った上で後から精算する流れになります。

まとめ

補助金をいかに上手く運用して使っていくかというのも、企業を大きくするためにもとても重要なことになります。

補助金の種類も数千種類はあると言われていますので、使える制度はしっかりと運用していきましょうね。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。