助成金

スポンサードリンク

近頃、「助成金」というワードを聞く機会が増えたと思いませんか?

助成金とは、主に厚生労働省で取り扱っている国からの“支援金”のことを言います。

助成金は融資などとは異なり、一定の条件を満たす会社であればもらうことができ返済の義務も生じません。

他にも国からもらえる支援金には種類があるのですが、助成金はどんな時にもらえるお金なのかを具体的に見ていきましょう。

50種類の助成金

助成金は基本的に“人に関すること”に支払われるお金です。

例えば新しく人を雇用する時や教育訓練を行う時にも支払われます。

健康診断やベネフィットなどの福利厚生を充実させたい時にもこの助成金の制度を使用します。

人に関することであれば基本的には助成金が使えると思って間違えないのですが、実はこの助成金の種類はたくさんあり、その数なんと50種類以上にもなると言われています。

そうなると、どの助成金を申請できるのかなど、分かりづらくて迷ってしまいますよね。

申請と審査

助成金の制度は厚生労働省のWEBから確認することができます。(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/joseikin_shoureikin/index.html

助成金の種類によって受付期間が定められておりその期間内でないと利用できないものもあれば、申請から時間がかかるものもありますので、気になる助成金制度があれば早めに申請するのをおすすめします。

もちろん助成金の申請にはその条件を満たしていることも大切です。

助成金によっては申請が通っても数回に分けて支給されるものもありますので、助成金の制度をしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。

また事前審査に通らないと利用できません。

まとめ

助成金は条件に該当すれば誰でも受け取ることのできるお金です。

一方、自分で調べて申請しないと助成金を受け取ることはできません。(助成金に関するコンサルタントも存在します。)

国から「助成金の申請がされていませんよ」なんて通知が届くはずもないので、知らないだけで結局損をすることにもなります。

会社にとって人財を育成すること、長く勤めてもらうためにも福利厚生はとても重要です。

こういった制度を上手に利用して社員に優しい会社であることを目指しましょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。