国内での起業

スポンサードリンク

起業するとなると多くの場合が「国内」です。

会社に勤めながら起業する人もいれば、自分の得意とする分野を極め脱サラして会社を立ち上げる人もいます。

後者の場合は、収入の補償がない分それなりのリスクを伴います。

情報収集で起業のリスクを減らす

日本国内であればどこにいっても言葉が通じますし、インターネットを使えばある程度の土地勘や情報が得られるので、いきなり見ず知らずの海外に出るよりも起業のリスクを少なくスタートすることができます。

ただし、注意してほしいことがあります。

国内であれば即日からでも起業できるので敷居が低く、年々日本で起業をする人の数が増えているのも事実ですが、マーケットの縮小なども問題になっているため、会社として成長し続ける難易度は上がっています。

起業はスタートライン

起業したのであればサラリーマンよりも高い給料が欲しいと誰もが思うでしょうが、起業する際にはスタートラインになってしまうため、多くの人が一時的に収入も下がってしまいます。

目の前の収入の大事ですが、まずは3年とも言われるように、起業してから3年運営できるかどうかも今後の会社の成長を考えた上で一つのポイントとなります。

会社として成長を望むなら、市場が成熟しておらず可能性の高い海外で起業してしまった方が、結果も残しやすいケースもあります。

業種業態にもよりますが、国内での起業の場合、敷居は低いがその分成長させるのが難しいというのは覚えておきましょう。

まとめ

日本国内だと成長できないかと言われると決してそうではなく、起業する分野やでの工夫やアイディア次第では、驚くような結果に繋がることもあります。

自分の事業を運営していく上で、国内で起業するメリット・デメリットをよく調べながら、国内と海外どちらで起業することが良いかをしっかりと考えて選択する必要があります。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。